2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« BLOOD+第31話の感想 | トップページ | デジモンセイバーズ第7話の感想 »

2006年5月14日 (日)

.hack//Roots第5話の感想

「Distrust」

 

タビーをPKしたのは女。

ゴードもやられたけど、それ以上は分からない。

黄昏の旅団関係者が狙われているのではないかと考えますが、現時点では情報も少なく、憶測の域を出ません。

 

志乃さんとオーヴァン。

どっかのエリアで密談中です。

「ねえ、これって偶然?なんで今になってまたロストグラウンドが…」

「この地底には竜が眠っていた。力を蓄える為、湖を覗き込んだモンスターや旅人を食べていたそうだ。

そして竜は現れた。そういう場所なんだ、ここは。」

「このまま何事も無く、うまくいけばいいんだけど。」

『今になって』次々と現れるロストグラウンド。

まるでこのゲームが、プレイヤーに役割を演じる舞台を提供してるみたいです。

 

一方、俵屋は、あるPCを調べてくれと言った依頼人から、報酬とウイルスコアをゲット。

この依頼人がいったい誰なのか気になるところです。

んでまた何か企んでるし、俵屋。

直毘はウイルスコアに詳しいですね。

前のゲームでは溢れるほどあったということを知っているし。

中の人は前のゲームで、どんなポジションだったんでしょうか。

 

で、ウイルスコアをどう使うのかと思ったら、俵屋さんが匂坂さんに声をかけましたよ。

てっきりハセオにコンタクト取るだろうと思ってたのに。

「ハセオの次は俺か。」

匂坂さんも呆れ顔です。

「利益になりそうなもんには、声をかける。商売のイロハだ。」

そうですか。さすが商売人ですね。

俵屋は匂坂さんにウイルスコアを渡します。

仕様にないアイテムだが、キー・オブ・ザ・トワイライトに関係があるかもしれないウイルスコア。

匂坂さんは初耳。

「お前、なんにも知らないのか。」

オーヴァンから信用されてないんじゃないかと揺さぶりをかけられます。

「いっそ俺と組まないか?」

あああああ、やめて~。

俵屋って、ものっそい頭の切れる嫌なヤツですよね。

なんでこんなに巧妙に心を揺らすことが出来るのか。

一応、匂坂さんは平静を装って去っていきますが。

「ヘイ、まいど。」

俵屋、怖い。

うんうん、売りつけたもんね。

惑乱の種を。

 

ハセオはBセットからエンダーに追い掛けられた事実を聞きます。

む~?やっぱタビーをPKしたのはエンダーなの?

それとも他に思惑のあるヤツの仕業なのかなぁ???

 

んで、また俵屋がハセオに絡んできましたよ。

キー・オブ・ザ・トワイライトがある場所へは、仕様に無いアイテムを使わなければ行くことが出来ないのでは、とのこと。

んでもハセオ君、強気です。

「その情報がなんであれ、アンタには関係ないだろ。」

とっとと去って行きます。

すげ、協調性とか社交性のカケラも無いよ、ハセオ。

まあ、俵屋さん、ハセオにとっては何の目的で近寄ってくるのか良く分からない人ですから。

それを言うと旅団の人達もそうだけど。旅団には志乃さんいるからな。

 

またエンダーがハセオにコンタクトです。

コイツ怖ぇよ。

んでもいい所にタビー登場。

ハセオ、再び社交性無し。

せっかくエンダーから苛められずに済んだのに。

感謝してやれよ、タビーに。

とか思ってたら、タビーも言うときは言った!

「ヘタレ!!」

カッコイイよ、タビー。

 

ロストグラウンドにウイルスコア探索しに来た黄昏の旅団。

PKの危険もあり、バラバラに動くことを危惧する匂坂さん。

でも皆お構いなしに散開。

この人達って…

いや、いいです。しょせんゲームですから。

まだリアルで命が危ないって状況は訪れてないですから。

とか思ってたら、リアル以上に怖いエンダーさん登場。

でもヘンな登場した。

あれ、マジでやってるんなら、中の人の頭の構造を疑う。

 

なんとか逃げ切った旅団の人達。

でも雰囲気がおかしいです。

タビーがハセオに問いかけました。

「ハセオ、なんかした?TaNに乗り換えたって誰かが言ってたし。」

ここで弁解も何もなく、ハセオ、ブンむくれです。

「もういいよ。俺が抜ければ文句無いんだろ。」

そんなだから、キミ誤解されるんだよ。

 

川っぺりでたそがれてるハセオの所に現れたのは俵屋。

「らしくないな。ヘコんでんのか、なあハセオ?」

ハセオは邪険に扱いますが、背後から近づいていた志乃さんとタビーには気付いていません。

「なんかあったら、また連絡してくれ。」

これみよがしに言った!!!

俵屋、頭いいけど性格悪すぎ。

案の定、志乃さんとタビーはハセオに不振な目を向けるのでした。

まだ出会って間もないし、信頼も何も無いもんなぁ。

もともとのハセオの性格がいただけないし。

これであと3話くらい進んで、みんなの絆がものっそい強固になってたら大爆笑だけど。

 

とりあえず今回気になったのは、フィロの中の人。

AI?お引き様?

 

« BLOOD+第31話の感想 | トップページ | デジモンセイバーズ第7話の感想 »

.hack//Roots」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/10068245

この記事へのトラックバック一覧です: .hack//Roots第5話の感想:

« BLOOD+第31話の感想 | トップページ | デジモンセイバーズ第7話の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク