2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« デジモンセイバーズ第6話の感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ23号の感想 »

2006年5月 7日 (日)

.hack//Roots第4話の感想

「Fore feel」

 

「お前は何をロールすることになるのかなぁ。」

フィロが興味深げに呟きます。

いやいや、あんたが何をロールしてるかってことの方が気になるよ。

 

匂坂さんがタビーに、なぜ黄昏の旅団に来たか尋ねます。

「誘われたから。」

「誘われたからって、ノコノコ付いて来たのか?」

この質問に対し、逆にタビーがなぜ旅団に入ったか匂坂さんに尋ねます。

「志乃さん目当てだったりしてぇ?」

タビーってあんまり考えて無い様だけど、うまくはぐらかしたり、ちょっと不思議な発言があったり、どう転ぶか分からないキャラですね。

可愛いキャラを貫いて欲しいんだけど。

 

「あの子、旅団に入ったんだってね。」

Bセットがフィロに話しかけました。

「戻りたいのか?」

「私もゴードも誘われて入った訳じゃなかったら、ちょっと悔しいだけ。てより、ハセオにヤキモチってとこかな。」

あ、分かる。

なんていうのかな?

特別視されたいっていうのかな?

日常での自分の限界てのは分かってるから、せめてゲームの中だけでも、特別な存在を演じたいってのかな?

それを別のキャラに取られちゃったらヤキモチ焼くと思う。

「錬金術地区から滅多に出てこないヤツが愚痴だけで出てこないハズ。」

フィロの突っ込みにBセットは、バグの不安を訴えます。

最近、グラフィックが歪んだり、無音になったりするそうです。

これはヤバい兆候なんじゃあ…

 

オーヴァンはハセオに特別なアイテムを渡しました。

なんだろ、コレ?どこから拾って来たんだろ?

 

一方、俵屋とエンダー。

この二人、ホント怖いんですが。デブキャラって、もっとホワっとしてていいと思うの。

まあいいや。

『キー オブ ザ トワイライト』を欲しがるコアなプレイヤーに影響が出ているらしいです。

俵屋は、キーを手に入れる為にマルチウエポンという職業が必要ではないかと口に出しますが、自分でもその説はバカげていると思ってるみたい。

「アイツじゃなきゃダメっていう何かがあるのかも?」

怖いよぅ。ハセオがさらに狙われてるよぅ。

コイツらが言うと、実際に命の危険に晒されそうです。

 

旅団サイド。

タビーは匂坂さんとレベル上げ。

ハセオは志乃さんと『例の場所』へ。

て、ここ!!!!!

『隠されし 禁断の 聖域』

うわっうわっ、まさかこの場所が出るとは。

「ここには昔、少女の像があったんだって。」

そうそう、鎖に縛られてた像があったのよ。

「アウラ、そう呼ばれてたらしいよ。」

アウラの名前が出てきた!

また登場するのかなぁ。オラ、ワクワクしてきたぞ。

これまた志乃さんの意味深なセリフ。

「愛想を尽かしちゃったのかもね、この世界に。」

なにか知ってるんですか!?

ハセオの興味が像から、このエリアに移ったので、志乃さん、丁寧に説明してくれます。

この場所のようなエリアを『ロストグラウンド(喪失の地)』と呼ぶそうです。

モンスターもいない、管理者さえ手を出せない謎のエリア。

アルケ・ケルン大瀑布もそう。

 

「このゲームには不思議な自立性がある。」

あ、オーヴァン登場。

システム管理者ら、外部からの制御を受け付けず、ゲーム自身のルールによって動いている部分がある。

いまだに、そんなゲームなの、コレ!?

『キー オブ ザ トワイライト』とは、ザ・ワールド自身が生み出したアイテム。

「それがあるという前提で、このゲームを遊ぶ。」

あ、オーヴァン言い切った。

一応、アソビなんだ。でも命がけの遊びっぽいなぁ、この人が言うと。

 

エンダーがBセットにキーの情報を聞き出そうと接近。つか脅迫。

オーヴァンですら、手探りの状態なのでBセットにも分かりません。

「フィールドで会ったら覚えてなよ。」

エンダーの捨てゼリフ。

「怖かったぁ。」

ごもっとも。

 

んで、エンダーに俵屋が裏の仕事を依頼します。

「アシが付かない様に調べてくれ。」

って、何を調べるんだろ。

どうやら、アカウントが停止させられる様なヤバい仕事らしいけど。

どっちにしろ、TaNのやることは怖いです。こんなヤツらがいるゲームって…嫌だ。

 

一方、匂坂さんは特別視されるハセオに絡みます。

「たかがゲームに熱くなるなよ。」

ハセオのこの一言が、さらに匂坂さんを怒らせることに。

ヴァカだ、ハセオ。

あ、殴られる!って所に志乃さんが駆け込んできました。

止めに来たのかと思ったら、ヒドイことが起こったみたい。

「タビーがPKされたの!」

えええええ!?

エンダーに、かなぁ。なんか調べてる途中だし、タビーにも絡んできたのかなぁ。

そんな短絡な事件じゃないとは思うけど。

儂の地域って1週遅れだから、関東とか関西地区の人はもう続きを見てるんですよね。

嫉妬!軽く嫉妬!

« デジモンセイバーズ第6話の感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ23号の感想 »

.hack//Roots」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/9946365

この記事へのトラックバック一覧です: .hack//Roots第4話の感想:

« デジモンセイバーズ第6話の感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ23号の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク