2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 週刊少年ジャンプ12号の感想やりなはれ | トップページ | 妖精標本2巻の感想 »

2006年2月21日 (火)

“人でなし”とは、こんなヤツだ!

今日、好きって言われて、抱きつかれました。

「お姉ちゃん、大好き~。」

5歳の男の子に。

え!?

何、あと20年?

20年くらい待ったらいいの!?

 

ま、そんな愉快な話は置いといて。

 

ひと-で-なし【人で無し】

人として人らしくない行いをする者。恩義・人情を解しない者。人非人。

 

国語辞書などには、こういう意味で記載されていますね。

BLOOD+19話でリーザさんが言った“人でなし”は『人外の者』の意味でしたが、この言葉自体を聞くのが久し振りで、耳に新鮮に響きました。

ま、それも置いといて。

いるの。辞書通りの意味の人が。

儂のすぐ近くに。

ハイ来た、Y商店の仁義無きマダムT。

事の起こりは昨日。

儂の親父は漁師。

魚が大量に獲れた場合は、近所にもおすそ分けです。

昨日の夕方、おかんがキレイにうろこ取って骨も取った魚を、Y商店にも持って行ってあげたそうです。

ちょうど忙しい時間帯で、1人で切り盛りしていた店長は、店の冷蔵庫に一時保管していました。

店を閉める時、忘れて家に帰ったんだって(それもどうかと思うけど)。

今朝、店を開けると、お客様がその魚を見つけました。

レジに持って来られました。

レジには、マダムTが入っていましたよ。

「500円です。」

う、売りやがったぁぁぁぁッ!!!

ちょ、お前、それ、ウチのおかんが持って来たって知ってるよなぁ。

儂、その娘なんだけど?

普通、売らないよ…ね?

いやいやいや、そもそも、それを500円で売るなぁぁぁぁッ!!!

それが何だか分かってるのか!?

ヒラメだ、ヒラメ!!!

2月の海は荒れててなかなか出られないから、儂の口にも滅多に入らない代物だぞ!

それを500円て、あんた…。

ヒドイよ、これこそまさに人でなしだよ。

で、おかんにはこの事件のことは黙っておいてやろうと思ってましたよ。

ちょっと余りにもアレなので。

でもね、このヴァカ女、おかんが来店した時に言いよった。

「ゴメンね~、あの貰った魚(ヒラメ)、売っちゃった~。」

しかも笑顔で。

何この人、ちょっとオカシイんじゃないの?

って思ったけど、おかんは気にしてなかったみたい。意外と器のデカい女だな。

儂が同じことされたら、マダムTが泣くまで殴るのをやめないけどな。

« 週刊少年ジャンプ12号の感想やりなはれ | トップページ | 妖精標本2巻の感想 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

なんと辞書通りの見事な人でなしか…!
にゅげさん…そういう人でなしはバナナヌンチャクでお仕置きしてあげるといいですよ。わたくしが許可いたしますですよ。

バナナヌンチャク!
なんてステッキーな武器!
やっぱ、腐る手前のヌチャヌチャしたヤツをぶつけた方がダメージ大ですよね。
今度、狙ってみますw

 こんばんわ~ おじゃまします~

 顔が笑ってます。にゅげさんの文は最初から最後まで面白いな~♪

 それと泣くまで殴るのを止めないのは危険ですよ。隠し持ってるナイフで刺される可能性が・・

 バナナヌンチャクが無性に気になる。(笑
  

バナナヌンチャク!
サイコーだ!

鷹2号さん、こんばんわ~。
隠しナイフですか!?
それは考えてませんでした。ヤツの攻撃は主に精神攻撃的な「凍てつく波動」なので。気をつけよっと。
バナナヌンチャク、どっかで売ってないですかねw

musmulaちゃま。
キミもかよ!
人気高いな、バナナヌンチャクw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/8773722

この記事へのトラックバック一覧です: “人でなし”とは、こんなヤツだ!:

« 週刊少年ジャンプ12号の感想やりなはれ | トップページ | 妖精標本2巻の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク