2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« “人でなし”とは、こんなヤツだ! | トップページ | 怒涛のコミクス感想。 »

2006年2月22日 (水)

妖精標本2巻の感想

fk2-5

エインセルはかわいいなぁ。

 

トカゲによって自分の体を奪われた衣杏は、エインセルの力を借りてトカゲと闘うことを決意。

仮の肉体である、エリアという少年の体に入って動くことになったのですが…。

2巻に入って、またキャラが増えたので、儂の脳みそは混乱中です。

fk2-2 fk2-4

衣杏のお母さんの妹・梨世。実は妖精のリュセフィオラ。

神門邸の謎の少女。衣杏のお母さんらしき人物。 

 

人間の体を乗っ取って、世界を支配しようとする妖精たちと闘うことになった衣杏。

でも衣杏はさらわれた鈴を助け出すことで頭がいっぱい。

とても世界を救うなんて、グローバルな考えは出来ません。

fk2-1

その辺、ワザと捕まった鈴ちゃんの方がよっぽど漢です。

fk2-3

はい、また屈折した少年が出て来たとばっかり思ってましたよ。

神門 姿良。

神門グループの新社長。

「常若楽土計画」-生活と密着した触れ合いのある緑多い公園や森を創り、エコトピア的理想郷を実現する。表向きには、こう公言していますが、実は、妖精の理想郷を人間界に降臨させる為の大々的な儀式。

裏で死に掛けのジジイが指図して、姿良が動くという図式になってます。

ちょっと、この子も精神的に切羽詰り感が見え隠れしてるので、ラストあたりで死んじゃうんじゃないかと心配。

あ、今回は界外サマ主人公な巻でしたね。

界外サマはガンカナー(愛を囁く者)。

いっや~ん、ヤバ、ものっそい儂の乙女レーダーに触れた!

fk2-6

fk2-7

この人って、少年の頃からの屈折した愛情をぶつけてるだけなんじゃあ…

レイブン好き好き~。自分だけ見てくれなきゃ、意趣返しに世界ぶっ壊しちゃうぞ~。

って感じに見て取れるんだけど。アレ?

まあいいや。カッコイイから。カッコイイ人は何しても許されるから。

« “人でなし”とは、こんなヤツだ! | トップページ | 怒涛のコミクス感想。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/8784003

この記事へのトラックバック一覧です: 妖精標本2巻の感想:

« “人でなし”とは、こんなヤツだ! | トップページ | 怒涛のコミクス感想。 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク