2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 遠のくボージョボー。 | トップページ | 佐賀県日帰り弾丸ツアー »

2005年11月19日 (土)

BLOOD+第7話の感想

明日のG1マイルCSはデュランダルを熱く応援。

震えるぜハート!燃え尽きるほどヒート!

おっと、話が逸れた。

BLOOD+7話「私がやらなきゃ」

笑顔で船に乗り込むリク。

ジュリアさんは、ジョージに何があったのかをリクには伝えていません。

「あたしの役目じゃないと思って。」

おっと、ここで大人の思慮分別が出てきましたよ。確かに、部外者である自分から伝えるべきでは無いだろうと考慮されたのでしょうが、ちょっと責任逃れっぽく聞こえます。

ごめんね、ジュリアさんのこと、嫌いじゃないんだよ。

デヴィッドから、父の死を伝えられたリクの顔から笑顔が消えました。

儂も、この辺で泣きそうです。年取ると涙腺ゆるくなるってホント

部屋に閉じこもるリクにカイとルイスが、やたら明るく優しい声をかけてます。

そこへ、眠りから覚めた小夜が。

久々の腹サウンド。

一方、ヤンバルの森の跡地にはブンヤの岡村と新キャラ反町が。

「爆弾積んでも墜落事故か…。」

この事件に胡散臭さを感じている岡村。

昼食を摂りに入った店で、昆虫の密猟者が、さりげなく重要な話をしていましたよ。

戦闘機の音と黄色い宇宙人の話です。この内容なら、ブンヤじゃなくても、耳をそばだてて心の中で、そっと呟きますね。 「陰謀だ!」

お船の中ではデヴィッドの未来世紀携帯で、ヤンバルの端末から取ってきた情報をジュリアさんが解析中。どうやら、デヴィッドパパはベトナム戦争のミッションで亡くなったそうです。それがきっかけで、デヴィッドさんは赤い盾に入ったみたい。なんだか、これからのカイと重なるものがあるような…。

甲板では、小夜がハジに自分の過去を教えて欲しいと尋ねてますよ。

「それを聞いて、どうします。」今日始めての御発言。ィヤッホゥ。

印鑑・通帳・パスポート・ねこじゃらし・ガム・国語辞典などが入ったチェロケースから、剣を取り出し、クルクル舞い始めるハジ。

な、なんですか、コレは!?

ハジファンへのサービスカットですか。鼻血が出過ぎて死にそうですよ。小躍りして奇声を発したいのを必死でガマン。だって、儂のお父様が見てる

で、いまだ引き篭もりのリク君にカイが優しく諭してます。

「一番辛いのは親父を送ってやった小夜なんだぜ。」

どうしたの、カイ。なんか一皮剥けた?ちょっとイイ男度がUPしてる。

産廃業者の話を聞いていた岡村が、大量のワインの空き瓶を発見。

そこから、ベトナムのある会社に辿り着きます。

ちょっと、岡村!意外と有能なんじゃないの?

端末の情報から同じ様な情報を発見した赤い盾コンビより、独自で調査してる岡村の方が、絶対スゴイと思うんだけど…。

甲板では、小夜が新たな決意を。

「私頑張る。みんなが笑って暮らせるように。」

これを聞いたリクは、「小夜ねぇちゃん、ごめん」と言って部屋から出てきました。

リクはやっぱり、小夜のせいじゃないのに、心のどこかで責めていたんでしょう。

自分の中で整理できずに、一人で殻に閉じこもってたんだよね。切なくて泣けてくらぁ。

ぅおっと、飴ちゃんだ!次に出てくる時は翼手化して、小夜に切られるんだと勝手に妄想してた飴ちゃんだ。こんなすぐにお姿を拝めるとは思ってもいなかった。

で、その飴はメロンか

そして、次の舞台でのキーパーソンの一人。

カール登場。こいつが間違いなくファントムやん。もしくは誰もその存在を知らない双子の片割れやな。

で、この人が『デルタ67』を作っているそうな。

ホント、もんっそい重要人物やん。

あ、次週予告でハジ赤いバラを持っていましたが、なんて似合うんでしょう。思わず噴出してしまいましたよ、儂は。

« 遠のくボージョボー。 | トップページ | 佐賀県日帰り弾丸ツアー »

BLOOD+」カテゴリの記事

コメント

カイのお兄ちゃんぶり、お父さんの素敵パパぶりにやたら泣かされっぱなしでしたが、ハジの太刀筋披露会とかハジがバラ持ってる次週予告とか、気になるシーンていうか気になるハジもてんこ盛り!!
で、ファントムの仮面つうかお面のセンスが気になるところ。んはああああ来週も気になるねええ!!

そうだ!お面のセンスにまでは気が向かなかった。来週はいろんな意味で見逃せないですyo。ハジ、バンザ~イ。
そして、飴ちゃんもついでにバンザ~イ。
カイ、女装して学校に潜入してくれないかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/7202005

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD+第7話の感想:

» BLOOD+ [ゼロから]
デルタ67を調べるとベトナムの女学校に行き着いた。女学校に潜入するのは、当然小夜になるはず。しかし、ベトナム語話せないのにどうするのでしょうか。必殺、ボディーランゲージ? [続きを読む]

» BLOOD+ Episode-7「私がやらなきゃ」+飴の味投票! [GATES OF HEAVEN]
今回はゆったりとした回ですね。 でもこんなにゆったりなのはこれから後そんなにないのかも。 小夜たちの笑顔、久しぶりに見ましたよ(*^^*ゞ 追記。 ヴァン・アルジャーノ氏の飴の味 [続きを読む]

» [BLOOD+] Episode-7 私がやらなきゃ [ばんごはん備忘録]
沖縄編クライマックス。いきなり大きい船がドーン、その傍らの小船からいそいそと乗り移ってくるリク。お父さんに会いに来たリクは、うれしそうに息を切らせて駆けてゆきます。赤い盾って船も持ってんのね。つかこの船、ドコに向かってるんだろう。 「お父さんは!?」(リク) 歩み寄るカイの表情に何か気づきつつも、ケナゲに尋ねるリク。 「ねえ、お父さんはドコ?小夜ねえちゃんは?」(リク) 何も知らない様子のリクを見たデヴィッドに「伝えてないのか?」と訊かれたものの、「私の役目じゃないわ」と言い残し、ジュリア... [続きを読む]

« 遠のくボージョボー。 | トップページ | 佐賀県日帰り弾丸ツアー »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク