2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 違いの分からないジイサン | トップページ | 儂のアイス… »

2005年10月22日 (土)

土六With親父と親戚

今日は親戚が儂の家に集合。

でも親父は6時から、BLOOD+。

気にいったんや…。

でも流石に50代の親戚と世間話をしながら見ているので、儂は別の部屋で一人、観賞。プラズマテレビで見たかったのに。でもいいの、夜中にこっそり、もう1回見るから。

第3話「はじまりの場所」

しょっぱなはOMOROから、ジョージが酔っ払いを担ぎ出す所から。

小夜がポツリと「あたし、ここにいてもいいんだよね…。」にはキュキューンと来ます。

いいのよ~、いていいの。とっつぁんもカイ君もいいって言ってるじゃないさぁ。

学校では全校集会が行われ、ブッ殺された先生の遺体が米軍から帰ってきていないことに憤りを感じる校長の長~いお話。
「あの記憶が薄れていく。」
小夜は、あの事件のことを反芻。元気ないのを、朝ごはんを食べてないからと決め付けた香里たんとお好み焼きを食べに行くことになりましたが、ジョージ登場。

今回は小夜の腹サウンド1回のみ。

ジョージは小夜を誘って、宮城家の墓へと連れて行きます。
OPで真っ裸の少女(小夜)を撃ち殺そうとしていたのは、この場所だったのね。どっか別の国かと思ってたよ。それにしても、髪の長い小夜、カワイイよ。

墓の前でジョージは自分の妻と娘が事故で亡くなったことや、小夜との出会いについて語りだします。
眠る小夜の鼓動が「生きろ」と言っているように感じたこと。カイとリクを引き取って育てたこと。

いい。とっつぁんの過去、盛りだくさん。すっげ~充実。話の展開もいい。

ガソリンスタンドでカイ君がバイクいじり。どうやら、小夜を元気付ける為に、後ろに乗っけてどこかへ行くらしい。いや~ん、なんて妹想いなの。ええ男やわぁ。

その時に、毛布を頭からすっぽり被った不審人物が通りかかります。

「フォレスト?」

カイ君は知ってるみたいです。どうやら、軍人は軍人でもヘタレの泣き虫クンらしいです。

どうでもいいけど、目、真っ赤に充血してますよ

一方、OMOROに戻り、デヴィッドから自分が翼手を倒すことができる唯一の存在だと告げられた小夜は、ドビックリ。そりゃそうだ。記憶が戻ってないんだもん。

いきなり、そんなこと言われても、いくら相手がナイスでステキなオジサマからでも、「はぁ?」と思うに違いない。
とそこに、来ちゃいました、フォレストさん。

ああああぁ、ジョージィィィッ!!!

闘いたくない小夜に代わってジョージが、あの日本刀を振り回しながら、フォレストさんに切りかかって行くー!

でも相手が翼手になっちゃったから、歯が立ちません。

腹、裂かれました。

ええー!?

なんで、ハジ?いい所に現れたのに、なんで、貴方が闘わないのですか?

今日も「小夜、闘って。」ですか。

ああ、いい声だわ、コニたん

いやいやいや、そうじゃなくて、まあジョージも死亡一歩手前で助かってるから、いい様なものの…。

ちょっとハジの出番が少なくて、不満だゾ。…うわー儂、キモ。

来週は「アブない少年」

カイ君、ぶっちゃけ祭だね。

« 違いの分からないジイサン | トップページ | 儂のアイス… »

BLOOD+」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/6517651

この記事へのトラックバック一覧です: 土六With親父と親戚:

« 違いの分からないジイサン | トップページ | 儂のアイス… »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク