2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の記事

2005年9月30日 (金)

悪魔の様なおばさまと神懸り婆

朝一番でY商店のドアを開けると、コオロギの鳴き声がする。

暑くても、やっぱ秋めいてきている今日この頃。

だが、店内では変わらず店長とマダムTの熱いバトルが繰り広げられている。主にマダムTが一方的に突っかかっているのだが。

店長「最近、肩が重くてなぁ。御祓いでもした方がいいかなぁ。」

マダム「あ~あ~、すればいいじゃろ。どうせ無駄だと思うけどねッ!」

店長(限りなく小さな声で)「悪魔祓いの方がいいかのぅ…」

いや、店長、もうダメだと思うよ?マダムTを嫁にもらった時点で勝負は着いてるから。

マダム、小悪魔な女じゃなくて、悪魔そのものだから

今更、何やっても無駄無駄無駄無駄無駄ァッ!!!

話は変わるが、ウチのお婆は信仰に篤い人間だ。

毎日、御大師サマの掃除に行き、花を生けたりしている。

そんなお婆も、寄る年波には勝てないのか、膝の軟骨が磨り減って歩くのが多少億劫になってきた。一ヶ月くらい、そんな状況が続いただろうか。

お婆に「膝はどう?」と聞くと、「治った」と一言。それから、延々と年寄りの長話。

「ヤングヴィーナス(入浴剤)は、ほんにええよ。膝にすり込んで風呂に入るんじゃ。それから、御大師サマに行った時、御大師サマの水をもらって、膝に掛けるんじゃ。そしたら治った。」

うっそーん!

ヤングヴィーナス。直訳したら若い美奈子。いやいやいや、違うって。

悪魔の花嫁の読み過ぎだよ、儂。

ただの入浴剤がそんな効果、あるんかいな。

まだ、御大師サマの神仏パウアーの方が納得いくけど…。

ただ、週1、2回、お医者様に注射を打ってもらってたのが、一切打たなくて良くなったもんな。

ウチのお婆の自己回復能力に乾杯!

2005年9月29日 (木)

チャングム第50話の御感想

初っ端から、野太いバリトンが流れてると思ったら、やっぱりチャングムとチョンホ様。

手に手を取って駆け落ち。

「恐いですか?」

「トキメいています。」

いや~ん、恥ずかしい。言えない、こんなセリフ。

雪の中、手をつないで歩く二人の姿はキレイでした。

儂もおんぶしてもらいたい。う、うらやましい。

前半、ラブラブデレデレのチョンホ様だったけど、追っ手に捕まってしまいました。偉そうなおっさんに説教され、ションボリ。

林の中で、チャングムに「ここに薬房を、寺子屋も」と夢を語りだします。

ええ、小さな家と白いブランコ、子犬を飼って、その横には、あなた~、あなた~、あなたが居て欲しい~♪です。

しかし、王様の命令に逆らっては命がありません。二人とも泣く泣く都に帰ります。

チャングムが王様の主治医を辞退しなかったことから、大混乱。

マイハニー、イクピル先生は「全てを失ってしまった。フッ。」と自嘲気味に笑いつつ去っていきます。

ああ、その笑い、ステキ。

頼りのウンベク様からも、手助けは出来ないと拒絶され、医女達も猛反発。

そんな中、シンビたんだけは、チャングムの味方。この娘はいい子だ。

一方、もう一人のいい子ちゃん、ヨンセンが、恐いおばはん達にこっぴどく叱られ、ショックでビックリ早産

一時は仮死状態にまで陥ったが、チャングムの手当てのおかげで、なんとか持ち直します。お姫様誕生~。おめでとう~。

今回は緩急が激しくて、とても楽しめる作りになってました。

しかし、長官様、なぜあんなにイロイロ詳しく知っている?

ヨンセンの部屋で王様とチャングムが会ったことやら、その事を皇太后と皇后がヨンセンに詰問したことやら。

あんな好々爺ちっくな顔しておいて、油断も隙もあったもんじゃねぇ。

2005年9月28日 (水)

マガジン44号の絶望先生

今回はマンガの内容より、巻末コメントの方がウケた。

『キッコロ(孫)とモリゾー(祖父)の間には林太郎というお父さんがいて、ばっさいされてしまったんだ。』

ホントなの!?絵本読んでないから、知らなかったけど、そんなリアルな話なのー!?

絵本も捨てたモンじゃないなぁ。

本編は「恥ずかしい本ばかり読んできました」

新キャラ工藤君の「世界中のありとあらゆるものを読んでみたい」

に対して、我らが絶望先生は

「読むのは書だけですか?私の心も読む気でしょう?」

また、被害妄想爆発!!

「思ってませんから!マガジン、去年と比べて薄くなったなーなんて!」

そーなんや、気付かなかった。ありがとう、久米田センセー。

今日は、遅ればせながらガンダムSUIT CD8を買ってしまいました。テヘっ。

すっごい悩んだけど、買ってよかった。

EMOTION狙いで購入したんだけど、ミニドラマが最高。

バルトフェルドさんが、なぜか関西弁。コテコテの大阪弁。

情報収集の為に偽ラクスのファンクラブ限定映像まで入手。

ええ、あくまでも情報収集の為ですから。

本物のラクスにポップな16ビートを教えたり、かなりノリノリ。

途中から入ってきたキラは、引いていたけど。

「ええで~、ラクス、本物そっくりや!」

「え、え!?本物そっくりって。あっちが偽者なんじゃあ。」

熱くなるバルトフェルドさんに対して冷静にちっさくツッコむキラ。

ドラマ最後のラクス様の一言は、さすが最恐のお姫様。ブルブル。

とにかく良かった。

カラオケも余さず聴いてますよ。

「YES!」「そうそう」など、あざといまでにカワイイ声が入ってるもん。

2005年9月27日 (火)

タイゾー君、再び。

杉村太蔵氏が本日午後2時過ぎから異例の記者会見。

おかんはアレ見て「若いのに、よく受け答えしてる。」と、ほだされていたけど、儂は騙されませんよ。

「議員にあるまじき幼稚な発言しちゃって、ゴメンナサイ。」的な事を延々と言ってたけど、それは誰に書いてもらった作文ですか?

なんだか、本人が考えた内容じゃないのが、丸分かり。

卒業式の送辞答辞を彷彿とさせる感じ。

とりあえず儂が送辞を読んでやるから、お前は答辞でも述べて、とっとと政界から去ねやァァァッ!!!

と、思った次第でありますよ。

まだ、金、女、権力、ウッヒョ~!って言ってる方が、ある意味清清しいよ。

その後の記者たちの質問も、まともに答えているのやら、いないのやら?

「自分の発言に対して謝罪とは、どの発言ですか?」

など、意地悪な記者の質問もあったりして、ちょっと可哀想だなとは思ったけど。人の言葉尻を捕らえて、そんな質問しちゃいかんよ。

あーダメダメ。ほだされかけてるよ。

「靖国問題」「憲法改正」などは、この人より若くても、よく勉強している人がたくさんいるので、自分の言葉で答えられないのは、まだまだ甘いなと思います。

儂らの税金で賄ってやるんだから、無駄遣いしないで、仕事しろよ?

今日はギョロ目を長時間見たんで、イケメンズでも見て目の保養でもしよう。

2005年9月26日 (月)

貴女の言うことは分かりません。

Y商店の朝は、戦いだ。

店長が市場から大量に野菜を仕入れてきてから、マダムTの一方的な罵詈雑言が炸裂する。

今日もマダムT的に、気に入らない物を仕入れてきたらしい。

コンバットオープン!

儂、店の外に一時的に避難。

その光景を目撃したお客様によく言われる。

「にゅげちゃん、よくあんな人と一緒に働けるねぇ。たまに八つ当たりされてるじゃない。」

あら、良くお気付きで。

マダムが機嫌悪い時に何か言うと「何!?そんなのダメに決まってるじゃない!何考えてるの!?」とか、よくわめきます。この言葉しか知らないのかってゆーくらい、一緒の言葉しか吐きません。

儂、周りの人に辛抱強い、もしくはおおらかな人間と思われてるみたいだけど、違うんだよ?

ほら、繋がれた犬にキャンキャン吠えられても、たいしてムカつかないでしょ?

あれと同じ。テヘッ。

ところで今日はジャンプの発売日。Y商店では土曜に入ってくる。そう、2日前にジャンプを読むことが出来るのだ。

それを知っているヤツらが、土曜に取りに来る。本屋さんからは「月曜日に売ってね」って言われてるのに。

まあ、Y商店は完全予約制なので、ソイツらに口止めしておけばいいことなんだが。

昨日、予約してない殿方が目聡く棚に積まれたジャンプを発見。

儂、いや~な予感

その殿方、マダムにこう言った。

「おばちゃん、もうジャンプ出てるの?」

「そうよ?いる?」

ち、ちょっと待てぃ!それ、予約した人の数しか無いんですけど?選ばれたヴァカ11人にしかお届けできないんですけど?

「ホントは月曜発売だから、今日ここで買ったって、他で言っちゃだめよ。」

売ったァァァァァッ!!!

あんた、どうするつもりだよ。来るよ、間違いなく全員取りに来るよ。どう言い訳するつもりだよ。

いくら、お気に入りの殿方だからって、やり過ぎだよ、あんた…。

その直後、電話が鳴った。

儂が受話器を取った。

「はい、あ、ジャンプ入ってますよ。」

松岡きっこ似のおばさまから、確認の電話だった。すぐ取りに来るらしい。

すると、マダムがこう言った。

「にゅげちゃん、ジャンプは月曜発売だから、入ってるって言っちゃダメ!」

は?

いやいやいや、あんた、きっこは毎週土曜に取りに来てるやん。他の選ばれた勇者たちも土曜に渡してるやん。

あんたのゆーてる意味、分からへん

ちなみに、一人、都合で今日取りに来たから難を逃れました。

めでたし、めでたくもなし。

2005年9月25日 (日)

明日こそダイエットを…

b すんげーカワイイ、ベロアのキャミを購入。

これで、来週の自衛隊基地見学の準備OK。

バッチコーイ。

ホントはフワフワでヒラヒラでレースの甘~いスカート様も欲しかったんだけど、足が…もっと、細く…ないと。

ぶ、無様。くっ。

ダイエットしなきゃ。足が細くなれるような。できれば3日くらいで、手っ取り早く痩せられるのがいいです、神様

でも、今日はオヤツ食べなきゃいけなかったんで、ダイエットは明日から。jj

大丈夫、DHCのαリポ酸&コエンザイム飲んでるから。

大丈夫、平気、全く安心。

トリニティブラッド2巻の感想

エイメェェェェェェン!!!

運送会社のせいで1日遅れて、やっと来た。

Tbdvd2

トリニティブラッドⅡ

THE STAR OF SORROW

おまけタロットはDEVIL・ディートリッヒ、STAR・エステル。

これは順当なところ。おまけCDは上記の二人。

エステル「Road to Roma」

ディート「Marionetten-spieler」

どっちもギャグの一欠けらも無く、トレス君みたいなインパクトはさっぱりなかった。イマイチ?

本編は、何故にあそこまで原作を無視とゆーか、チャラとゆーか、台無しに出来たもんだ。

駆け足で端折り過ぎ。なのでエステルに感情移入出来ない。

ディートリッヒも出てきて瞬殺。なんじゃ?って感じ。ラスト近くにまた出てくるけど、原作読んでない人からすれば、こいつはいったい何がしたいのかと思うだろう。

儂は彼の「中途半端に頭がいい」ってセリフを、鈴村健一の声で聞きたかったんだよぅ。

フランチェスコ様は、3,4話通してお元気であらせられたわ。ハッスルハッスル。

後編、前髪が後退していたけど、ズラかしら?きみまろじゃないんだから…。

で、今回の主役はやっぱトレス。なぜならFFXのワッカだから。

斜面をズザザザザって降りてきて、軍人ジェノサイド。

この、暴走弾丸僧侶さんめっ。

今回、心に響いたのは「復讐する者の権利と、復讐を受ける者の義務」

こんなところでしょうかね。

 

おまけタロット

Tbdvd23

おまけ四コマ

Tbdvd22

2005年9月24日 (土)

スペースワールドのCM

おかんがやっと「ガンダム」を認識いたしました。でも来週で終わり。

儂はとてもとても気になっていることがある。

ガンダムの予告が終わると、スペースワールドのCMが入るのだが、これって全国区なのかしら?

いきなり、主要人物が次々と流れていって「キラが、ラクスが、アスランが、カガリが……」

っつーナレーションが入り、

「つづきは…

スペースワールドで

初めて見た時、「あ、本編入りきらんで劇場版やるんかな?」とか勘違いさせられた。

まぎらわしいねん。

SEEDの時は、キラとアスランがコックピットから

「僕たちは、戦うよりも」

遊びたいんだぁぁぁッッッ!!!」

と、絶叫し、マリューさんが

「スペースワールドへ進路を取れ!」

と、ビシッと人差し指を向けていた。

こんな愉快なCMが夏休み中ずっと流れてたけど。

そんなおちゃめなスペースワールドも経営不振で潰れそう…

2005年9月23日 (金)

今度は運送屋かよ。

注文していたDVDが今日、届くよ~ってメールが来たから、待ってたのに来ない。

アレか?運送屋で止まってるのか?

運送屋も三連休満喫してんのか?

ううん、分かってるの。

ナイスで素敵で爽やかな運び屋さん達は、今日もあくせく重い荷物を日本全国どこへでも、お届けにあがってるんだわ。

ダラダラやってんのは、きっと儂の地区だけだろうよ。

待ってたのに待ってたのに待ってたのにィィィィィッ!!!

ガックリし過ぎて、ジャンプ読む気も起こらないよ。

本屋が「発売日は来週で~す」って持って来たジャンプ43号。こっちは早く来過ぎだよ。

まだ金曜日だよ。

気力がないから、ヤコの好物が「新米」に変わってたのと、カインの最終話くらいしか読んでないよ。カインはページが足りなくて、可哀想な終わりになってたよ。コミックでは増ページで納得いくまで描いて欲しい。

あと、心の友が欲しがってる「もて王サーガ」待望の1巻が12月2日に発売決定。本誌では徐々に打ち切りポジションにシフトしてるけど。まだイケるやろう。

9話「ULTRA MANIAC」ではマニアな女子が登場。

「私にとってキラといえばヤマトより吉影!アルといえばエルリック弟よりヤンコビックなのよオオオオ!」

というセリフから察しが付く様に、ちょっとおちゃめな女の子。

実は彼女、7人集まると、どんな願いでも1つだけ叶えてくれるドラゴンガール

星型の乳首を持つ女

「オレがドラゴンガールだったら仲間集めて普通の乳首にしてもらうな。」

毎回、的確な指摘の宏海。ステキ。

今回も「ジャスト1分」やら奪還屋やらパクリが他紙にまで行ってるご乱行。倫民明書房はいい。許す。

でも昔は民明書房、真剣に探したなぁ。純粋だったから。

2005年9月22日 (木)

チャングムの誓い49話の御感想

愛しのシン・イクピル先生がついに医局長サマに!

パチパチパチ~

チャングムも復讐を果たし、心からの笑顔が戻ってきた。前回は、こう、人を見下してる様な目線が多かったので、ちょっと不細工だったけど。

この回は、はにかみ笑顔が帰ってきて、カワイイ~ったらありゃしない。

ミン尚宮が最高尚宮になった時にも、自分がメモした本をさっと手渡す気前良さ。

「出来るシリーズ 宮中料理。ほんの一手間で貴女でも秘伝の味が再現!」本を手にして、ホクホク顔のミン尚宮。チャングムもうれしそう。

でもすぐ皇后サマの無理難題で、曇った表情ばっかりに。

「ちょっと東宮のタマ殺ってきてや~。じゃないとブッ殺!」

ひど過ぎます。いくら借りがあるとしても、そんな頼みはお断りです。

チャングムは考え抜いた末、決断します。

医療を志す者、そしてハン尚宮サマやチョン尚宮サマの志を引き継ぐ者として、医術で殺しはできませぬ。

「いっそ、殺して下さい。」

大恩ある皇后サマに涙ながらに返したのは、この言葉。もう切な過ぎ。

そして、すっごい都合良くやって来て、立ち聞きしてる王様。あらら。

次回は手に手を取っての逃亡劇。まさに浪漫飛行。ウォウォウ。

ええ、今回はミン・ジョンホとのからみが、めっちゃ多かった様な気がするのは儂だけか?

初っ端はチョンホが拗ねてツンケンしてたけど、途中から目も当てられないくらいのラヴラヴビーム連射。すげーツンデレ攻撃に見ている方が恥ずかしかったよ。

「私をさらって逃げて下さい!」

いや~ん、儂も言いたい!一度でもいい。

イケメンのエリート官僚に、そんな体当たり攻撃を食らわしてみたい。

2005年9月21日 (水)

マガジン43号の絶望先生

せっかくのカラーなのに先生はいません。

普通ページから、妙な皇帝ペンギンのぬいぐるみを鞄に入れて帰宅。

本日のテーマはキモイだめし

古今東西のキモイものを集めてキモがろうという趣向(倫サマ談)

巻末コメントに『「漫画家?キモ~イ!とか言うな!』ってあるので、なにか言われたに違いないと思われます。

あ、またガンダムネタが出てるよ。すごいハマりようだよ、久米田センセー。

ギル×レイはキモイんや…。いろいろ抗議が来そうなナニだな。

あと、妙に納得したのは片山さつきの髪形キモカワて。そうか彼女の髪形はキモカワか。

ハチミツ入り育毛剤は、勤務先の店長に勧めてやろうと思いました。

アリが蠢くのを我慢したら、ハゲもバッチシ隠せるよ。やったね、店長。もう悩み無用だね。

調子に乗って、マガジンの他のマンガのご感想でも書こうかと思ったけど、周りに話の分かるヤツが心の友トミーくらいだから、やめとく。

午後から友のウチに赤子を見に行った。最近産まれたのに、もんそいビッグになってておどろき~。

話せるのはまだ先だけど、来るべき日に備えて、同じ言葉を何度も繰り返しておいた。

「は~い、ルナたん。ガンニョムガンニョムガンニョム

念には念を。枕元には、こんなものまで。立派なパイロットになれますように。

s j

2005年9月20日 (火)

コイツの唯一、尊敬できる点

Y商店のバイオハザード、マダムTは接客態度がもんそい悪い。

それはもう地獄の鬼よりヒドイ。

ちょっと気に入らないと無視するか、霜の降りた声で「知りません、分かりません、出来ません。」って言う。

後のフォローがこっちに回ってくるので大変。すっごいストレス。

近所の一部も、すっごいストレスを感じているらしく、マダムTの軽ワゴンが店の横に止めてある時は、店に入らないで素通りする客もいる。

どんだけ売り上げ下げとんねん。

でも今日、ちょっとだけ見直した。

Y商店には、たま~に迷惑なセールスの電話がかかってくる。

今日も、「融資できるので、どうですか?」という内容の電話がかかってきた。

鬱陶しいので店長不在の旨を告げて、切る。

すると、しばらくして、またかかってきた。

マダムに代わる。

「はい、代わりました。…いえ、経営者の妻ですが。」

またこれが、冷たい声。例えて言うなら、アレだ。嫌いなヤツに細木数子あんた死ぬわよ」って宣告する時に匹敵するくらい冷たい声。

「いいえ、ウチは融資なんか一切いりません。金輪際、二度とかけてこないで下さい!」

ええ、もちろん一方的に切りましたとも。

でも羨ましい。ここまで潔く、人の恨みを買っても気にしませんよって言うくらいの憎々しい声で対応できるなんて。

ある意味、尊敬。

2005年9月19日 (月)

究極のダイエット方!?

「首か~ら下は地井武男~♪カラカ~リベビースター♪」

ってオペラ調に歌ってたら、お婆に「上手じゃぁ」ってほめられちった。テヘッ。

今日はテレビで素敵なダイエット方法を目撃いたしました。

戦闘機F15に乗ってみよう!ってゆー企画で、リポーターさんが恐れも知らず乗っちゃってた。

その前に耐G訓練という、どれだけ身体に負荷がかかるか分かってねってゆー訓練を受けていた。多分腹式呼吸だと思うんだけど、フッフッて力を入れて息を吐かないと失神するらしい

屈強な男達が嫌がる訓練を受けさせられ、いざ大空へ!

定点カメラでリポーターさんの顔を映すんだが、まばたきの回数がハンパじゃない。一言も解説無し。ふらふらになりながら降りてきて、コメントした時には流石にプロってすげーと感心。

その日5kg痩せたそうだが、寝込んだんだって。ゴクロウサマ。

ええ、この話で思いましたとも。儂もぜひF15に!

痩せる為なら寝込んだって、胃液吐いたって平気。だって女の子だもん

そういや、世間さまは連休だったみたいね。儂はせかせか働いてたけど。

心の友も30名様先着1500円のハガレンゲームを購入したり、B'Zのライブ行ったりご満悦。

くッ。

儂の堪忍袋という名の宝石箱が怒りのジュエルでパンパンじゃァァァッ!!

とか思ってたら出ベソ卵を見つけたので、まあいいや。

egg

2005年9月18日 (日)

やじきた

今日購入したマンガ。

クロザクロ⑤

九蓋さん達が蒐集者本部の地下秘密施設に潜入し、闘ってる間、幹人クンはパンツ一枚で水泳してたヨ。レイシを前に1ページまるまる使ってカッコつけてもパンツじゃ、ちょっと笑いが…。この巻の主人公は芒さん。儂、勝手に決定。

「ヒーローの兄ちゃんよ?」

なかなか言えないセリフを臆面も無く出すあたりが、ハンパない根性者だと思われます。

巻末おまけは、もちょっと気合入れて描いて下さい。

女子の水着は心を込めて!

やじきた学園道中記27

ヤバイ、登場人物がもんそい出てきて把握できなくなってきた。

とりあえず雪也は救出されて、玉彦とご対面。

「仕返し、覚悟してますか?」

ってニッコリ笑ってるよ。怖いよ、雪也。でも、やったれや。

きたさんのホスト姿に、純朴な女子高生がまた1人ハートを盗まれましたよ。ルパン並みの手際の良さですな。

「タチの悪いお遊びはここまでだ。お嬢さん」

うお~ッ!!!

瑠璃子を取り押さえた時のセリフ。これはなかなか言えません。はたから見てたら、もう虜。つーか、言われてみたいわ。いや~ん、キタさん、ラヴ~。

後半、ハーディとゼウス(プッ)の会話で、なぜ学校が立っている土地を狙うのか、おぼろげに見えてきました。次の巻あたりで解決かな?

あ~、でも姫御前がラストに登場して、お楽しみはこれからよ~ん。って言ってるし、まだかな。彼女、また何やら企んでるだろうしなぁ。

kake 柿のケーキと栗のケーキとかぼちゃのケーキは儂が食べました。あとは、家族に恵んでやりました。ダイエットは明日から~。

2005年9月17日 (土)

この人も更年期?

Y商店で働いていると、いろんなオカシイお客がくる。

「あたし、滅多に文句は言わないんだけど。」とか言いながら、アレはダメ、コレもいや。と商品にケチをつけるおばさまみたいな客が。

まあ、大抵の不条理は店長の奥様、マダムTがやってのけよるので、慣れっこだから我慢できる。

マダムTの場合はふとしたことで癇癪を爆発させる核弾道。機嫌が悪いと客にも当たる。

更年期だから、しょうがないかな~ってヌル~い目で遠くから見守っているのだが。

でも、こんな性質の悪いヤツ、滅多に見ないよなって思っていたら!

近所に違うタイプの更年期さん本日発見、認識いたしました。

儂が住んでる地域は海の側。漁師が多い。当然、儂の親父も漁師。

昔は網元や親方などもいたらしいけど、今じゃそんなの名目だけ。親方なんて肩書きはあるけど、リーマンやってる人もザラなのさ。漁師なんか儲からんしね。

で、更年期さんの家も親方なんだが、漁師はやっていない。父上も旦那さんも会社勤め。

なんだけど、父上は自分が親方だ、偉いんだって勘違いしている。その影響で更年期さんも、ウチの親父や他の漁師に敵対心を燃やしているらしい。

儂がY商店で働いていると、更年期さんが近付いてきて、「ウチは金が無いから大変なのに、親方だから漁師の面倒見なければならない。」とか、超早口でまくし立ててきた。

儂は漁師の仕事も人間関係も把握していないので、「はぁ、へぇ?」と言うしか無かった。

でも、自分の親父が文句言われてるとは思ってなかったのね。早口で聞き取れないし、面倒見てるの、アリガトサンってな感じ。

ああ、家計が苦しいのね、大変ね。って軽~く同情するくらいで。

後から親父に聞いたら、更年期さんのウチが漁師たちの面倒を見たことは一度もないらしい。じゃあ、なぜ?

店長が言うには、季節の変わり目だから不安定になってるし、他の人にも攻撃してるから気にするな。ってことなんだけど、気にするも何も、儂が攻撃されてるとは思ってなかったから、何とも思っておりませなんだ。何かグチってる~程度の認識で。

その時、店に居たお客さんも、以前覚えのないことで文句を言われたらしい。なので、自分のことの様に憤慨していた。アリガトサン。

でもその後1時間くらい経って、よっぽど何かが腹に据えかねるのかまた来たわ、更年期さん

今度は儂が店の裏にいたにもかかわらず、スタッフオンリーの扉をこじ開けて、何か超高速で「あんたらはいいよね。」とか何とか言って去って行った。

とりあえず、おもしろいので、この人もヌル~い目で遠くから見守ることに決定。

2005年9月16日 (金)

YOU’RE ショッーーーク!

ドラゴン桜も無事終了。マイスイート、阿部寛のお姿に、何度鼻血を噴き出しかけたか。

最後にみのもんたが特別出演。あれは何のつもりだろう?思いっきり生電話?

それにしても、儂のおかんは最後まで小池徹平クンを「あ、もこみち」と言い続けました。

特進クラスに入れたほうがいいかしら?

そうそう、興奮して鼻血出そうになったのは、本日2度。

だってマイスイート寛が「北斗の拳 ラオウ殉愛の章」でケンシロウの声をやるんだもん。い~な~、あの低音ヴォイスがたまりません。

早く「あたたたたたたたたた」

も聞きたいです。

ユリアは出ないのかしら?出すんなら、ぜひ儂がァァァァァッッッ!!

はぁはぁ、あ~しんど。

今日は珍しく真面目に働いてると、酒卸のおにーちゃんが土産をくれました。

「いや~ん、ありがとーございます。てへッ。」って言っときました。

  gintama新生3。  ジャンプの表紙も3人なので、とりあえず敷いとく。

2005年9月15日 (木)

チャングム48話の御感想

「チェ一族の崩壊」

来ました、タイトル通りチェ一族は裁かれバラバラ。

その中でもキラリと光ったのがチェ女官長様

なんかいろいろバレちゃって言い逃れもできない状況なのに、言い訳三昧。

すごいガッツです。ガッツ番長。

内侍府に監禁されていたはずが、すたこらサッサと逃げ出し、氷室から薬坊?、そしてムチ部屋まで華麗に逃げ続けるのは、並大抵の能力じゃありません。ナイスガッツ。

チクった女官を陰から睨みつけて「ワタクシが返り咲いた暁には、ひどい目に合わせてやる!」と、呪詛を吐く。

この期に及んで、返り咲きを狙うとは、まさにガッツ。

その後、追っ手にも見咎められずチャングムママの墓まで登山。お墓の前で涙を流し、チャンママに許しを請うたのはホロリです。漢です、チェ女官長。

でも帰り道、なぜか不自然に木の枝に引っ掛かったリボンを取ろうと、崖から落っこちて死亡。

なぜじゃ~!?なぜ殺す!?

罪を償うことも出来ず、転落死とはあまりにムゴイ。ここはちょっといただけませんでしたな。

中盤はクミョンが切々と自分のことを語り、ホロリ。泣いてないけど。

クミョンが語りだすと必ずかかる、あのBGMはイイ。お気に入り。

BGMと言えば、チャングムとチョンホが愛を語る時、野太いバリトンがず~っと流れるんだが、あれは二人のテーマなのだろうか???

そして事件が解決した直後に宴会を始める気楽な三人。トック、ウンベク、チャンドク。まあ、いいけど。

そーいや、どーでもいいけど近所にチャンドクそっくりの人がいる。小さい娘もクリソツ。ほんと、どーでもいいけど。

ラストあたりはチャングムもなんちゃって数日体験最高尚宮でご満悦。よかったね。

またまた、どーでもいいんだが、儂の親父が「イ~・ヨン、ヘッ!!」って言いながら屁をこきます

済州島に流してもいいかしら?

儂、激しく怒る。ぷんぷん。

今日のチラシ。

古本市場 高く買います。

鋼の連金術師

ケンカ売ってんのやろか?

まあ、これはいいサ。お昼のテレビ「今日発プラス」で儂の怒りが爆発サ。

今日は、比例南関東ブロックの自民名簿35位で当選した杉村太蔵氏(26)に密着。

最年少の棚ボタ当選者です、彼。

でも見ててもんそい不愉快やったわ。とりあえず不愉快ポイントを整理してみた。

不愉快① テレビ取材が入ることは事前に知らされているだろうに、部屋から出てきたヤツは、髪はボサボサ服もだらしなく、開口一番弱々しく「二日酔いなんです。」

あほかーッ!!!仮にも衆議院議員になった人間がコレとは。

不愉快② 「女の子がアイドルにあこがれる様に男もビッグなものにあこがれる。」

あ~あ~、勝手にしさらせ。公約もはっきりしないミーハー小僧が。

不愉快③  議事堂前?かな。にて、「誰か大物に会えないかな?」

おのぼりさんですか、アンタは。ココまで来たら、気持ちも引き締まってるかと思いきや、逆に浮き足立ってるよ。

「武部さんからナンパはするな、女には気をつけろと言われました~。」

って、嬉しそうに報告するなよ。あんた、それ議員ではなく人間としてしっかりしろって言われてんねんで?戦力外通告やで?

不愉快④ 最後の締めで、分からないことだらけだが頑張るとか言うかな~って期待してたが、崩れたね、もろくも。

「前後左右上下も分からないので、とりあえず国会議事堂の食堂とトイレの場所を頑張って覚えます。」

そうじゃ無いだろ~ッ!!!

ったく、やってくれたわ。このカス男くん。

山田五郎も呆れ顔だったわよ。

つーか、こんなカスに儂の税金が使われるかと思うと…。だって、年収2500万円よ

ああ、いっそこいつの代わりに又吉イエスが議員になれば良かったのに。

腹を切れ!!

2005年9月14日 (水)

今日の絶望先生

朝、起きて体重計ったら1kg落ちてたので小躍りしてみた。

高速なんちゃってパラパラを無意識に踊ってたら、おかんに見られた。

「まあ、にゅげちゃん、上手ねぇ。チアガール出来るわよ。」

いや、出来ませんから。身内びいきにも程がありますから

その後、腹が減ったのでポテチ1袋とポンジュースMIX1ℓかっ込んだら、腹がだるい。

いや~ん、胃・も・た・れ☆エヘッ。

だるいので、ダラダラしながらマガジンを読む。

真っ先に「さよなら絶望先生」をチェック。

今回のテーマは不安定だった。やっぱマガジンで自分の掲載順が不安定だからかしら?

コマの背景で暴風に煽られていろんな不安定なものが飛んでいくわ。年金とかJA○とか?

でも注目すべきはコレ!

「やる事なす事すべて不安定ですよ!」のコマの支持政党。

昨日、民主今日、自民明日(予定)、又吉

又吉だよ。又吉!東京一区から立候補し、アキバで街頭演説をこなし、対立候補に「腹を切れ!」とケンカを売った

又吉イエス!!!

まさに最強の泡沫候補!!

儂も東京に住んでたら、イエス先生に清き1票を投じただろうに。くっ。

しかし又吉をチェックしてるなんて、さすが久米田康治。

結婚したいわって、心の友にメールしたんだが、無しのつぶてなのはどういうコトかしら?

2005年9月13日 (火)

餅を愛し餅に生きる

なんか、お婆のベストフレンドが持って来た土産。

mochiaiとてもじゃないけど、ここまでの名フレーズはどんだけ搾り出そうとしても出てきません。 

餅を愛し餅に生きる

餅に対する尋常じゃないアムールを感じます。くわばらくわばら。

サラダ味が激ウマ。

さっき、テレビをチラ見してたら、安住くんがピン子に連れられて、またお見合いしてたわ。

そんな、探さんでもここにいるやん。

安住く~ん、待ってるで~。

あ~別府行きたいなぁ。

地獄が見たいわさ。

2005年9月12日 (月)

逆襲のウンコ猫

家の敷地内でウンコをする野良猫がいる。

猫は人語を解するので、腹を割って話したら、きっと家ではないどこかでウンコをしてくれるだろう。

だけど人間の姿を見ただけで、すぐ駆け去るシャイなあんちくしょうなので、未だに意思の疎通は無い。

お婆に言わせれば、尻癖の悪い猫、らしい。ウチではウンコ猫で通るようになってしまった。

どーにかしなきゃねぇと言っていた矢先、ウンコが車にはねられた

あいや~、なむなむまんまんちゃ。

と言いながら、冥福をお祈りしたら、なんと消えていた。

ヤツめ、寝たふりしていたに違いない。辛うじて助かったらしい。

何にせよ、生き物が死ぬのは嫌な感じがするものなので、良かったねぇとお婆と喜んでいたら!

開けっ放しの窓から、ウンコ侵入!!!

また、儂の愛犬アリーナさんのドッグフードをッ!!!

2005年9月11日 (日)

地獄少女

今日は、パパとママと儂の3人で選挙に行きました。

mankyoku コンビニで、ダッチのパンが出ていたので買いました。

つーか、ダッチのパンて…

説明も無いし、何がダッチなんだか?

本屋に行って、ニュータイプを購入。

「えー年して…」

親父がバカにした顔でほざきやがったので、すぐ言い返す。

「黙れッ!これは儂の人生の参考文献なんじゃーッ!!!

だって来月からのアニメチェックしなきゃだもん。

<儂が見るべきアニメ一覧>

舞-乙HiME  

今回はオトメです。要人警護やらなんやらをこなすエリート専門職養成学校で、頑張っちゃうオトメ達の話です。前回のキャラ、マシロやシズル様が出てくるあたりも要チェックやな。

ローゼンメイデン・トロイメント 

戦う呪い人形達の続編。今回、金糸雀や薔薇水晶などの新キャラ登場が見どころかしら?

いやいや、翠星石の毒舌に磨きがかかってるかどうかがポイントだと思われます。

クラスターエッジ 

学園もので男子ばっかなのに、BLじゃないとは、これいかに?

とりあえずチェック。だってOPがsurfaceだから。

BLOOD+ 

日本刀なんで、とりあえず見る。あと、ハジがロン毛なので。

蟲師

どーなんだろ、これ?前々から気にはなってたんだけど。マンガを買うかどーか迷ってるうちにザクザク出てて、断念。一応チェック。

地獄少女

これ、やっぱ刮目するすべきは、この作品。日野日出士かと思ったら、全然違ったけど。

まあ、なかよし連載っつーので、ヌルサはうかがえる。必殺仕事人、妖怪版って感じ。

でも真っ先に見ておきたいアニメ。

2005年9月10日 (土)

貴様、正気か!?

我が心の友に「少年ジャンプに太臓もて王サーガっつーのが載ってんねん。」

と、内容をチラリと説明したら、「コミック出たら買おう。」だって。

ええ~ッ!?気は確か!?(大亜門センセー、ファンの人、すみませぬ。)

ちょっとしか説明しなかったから?チラリズムの魔力?

儂、すっげー驚き、ショック、衝撃?どれくらいビックリしたかと言うと。

ある清清しい夕暮れ時、いつも歩く小道に入ったら、茶色い小鳥さん達が乱舞していたの。15羽くらい。

そ~っと驚かさない様に儂が突っ込んで行っても、気にせず飛び回っているのね。

やっだ~、この子達、儂を仲間と思ってるのかしら?

儂がちっちゃくて可愛いから?てゆーか、むしろ、妖精?つーか、フェ・ア・リー?とか思ってる?

な~んて喜んで一回クルリと回ったら、ものすごく側を茶色い小鳥さんがかすめたのね。

あれ~?嘴が無いなぁ。羽もグライダーみたいだし…。

コウモリィィィィッッ!!!!!?

と言うくらいの衝撃だったわ。

ううん、別に人様のギャグの感性を否定する訳じゃないの。

儂とは左45度くらいベクトルが違う向きを向いてるだけでさ。

まあ、細かくは語らないけど、41号のジャンプでは学園7不思議をネタにしてるんだよね。

柱に「存在自体が都市伝説」、前回のあらすじ「氷の中で夢見る王子」とか書かれてる時点でオカシイと気付いてもらえれば幸いです。

最近のジャンプは柱が充実してていいわ。

ネウロの登場人物紹介も、ヤコの好物の所だけ毎週変わるし。

長崎カステラ(抹茶)とか、たこやきおむすびとか。

2005年9月 9日 (金)

それを冷奴って言うんじゃ?

山、山にあらず、それを山という。

なんて、禅宗の問答が浮かんできた爽やかな朝。

ことの発端は儂のチェックミス。

S小学校へ給食の材料を届けに行くのがマダムTの役目。揃えるのが儂の役目。

「きざみのり」をすっかり見逃していた。Y商店にも在庫が無い。

恐る恐る報告する儂。

「あの~、小学校に持って行くきざみのりがありません。」

ハァッ!?きざみのり!?どこかね?」

「(いや、だから)小学校です。」

Y商店はS保育園、S小、H中学校へ野菜を納めているのだ。

「なんで、小学校がきざみのりなんか、いるんかね!?」

「削り節も持って行くので、多分、冷奴を作るんじゃあ?」

「小学校が冷奴なんか作る訳ないわ!」

と、ここでオーダー表を食い入る様に見るマダムT。

「……かつお節とのりを豆腐か何かに乗っけるんじゃろ?」

や、だから、それを冷奴と言いませんか?豆腐戦士ナメてるんですか?

プリプリしつつも一応無事に配達終了。

そこへY崎パンのおにーちゃんがやって来た。

「ソントンのジャムを入れて~。」

今、世界のテーブルウェア プレゼントキャンペーンらしい。

「やっだ~、ジノリとか当たるんじゃん。ローゼンタール欲しい~!!なぜならローゼンだから~。」

って騒いでいたら、マダムTがジノリの皿を一目見て、「ノリタケやんか。似たようなの持ってるし。」だって。

いや、ジノリとノリタケは全く違う物ですよ?

多分、……あれぇ?

2005年9月 8日 (木)

チャングムの誓い47話の御感想

sin 「え~、食わず嫌い王決定戦。一発で当てられた人は罰ゲームです。」   

                

       tokku    「王様~、それでしょ。 しょうが汁。」

                     

「………お前、死刑ね。」king

                     

                     

                   

…本題に入ります。

身の危険を感じたヨンノ。チャングムに過去のあひる事件の証言をするから、最高尚宮にしてくれと身の程知らずな提案をしてきます。

もちろん、チャングムがそれに乗る訳がない。

悩んだ挙句、役所へ出頭しようとするヨンノ。

おっと、ヤバいぜ。あからさまに怪しい駕籠が近付いてくるぜ。外で様子見してるのはチェ・パンスルの配下だし。

案の定、さらわれました。役人がよそ見した隙に。いや、もう、さらってくれと言わんばかりによそ見

さらったらさらったで、「今やりましたよ。今から連れて行きますよ」ってのがバレバレなくらいの挙動不審さ。

そして女官長に脅され、ヨンノはオ・ギョモの不正を役人に告げ口。

これを聞いたチャングムは「ヨンノが危ない!!」

「えッ!?」驚くミン・ジョンホ。ちょっと気が抜けてます。チャングム以外の情報を仕入れるのは、民間人以下です。

でも結局ヨンノは口を塞がれ、女官長はひっそり一人で斜め下向き笑い。

これで調子付いた女官長様、オ・ギョモの失墜を狙って医局長の遺書をでっち上げ。

こうゆー時の女官長様は輝いてます。斜め下向き笑いも堂に入ってます。

ヨリが役所に遺書を持っていったことを話すチャングム。

「ええッ!?」驚くミン・ジョンホ。本日二回目のビックリ。今日は影が薄い。

そして、事態は急展開。つーか、事件をとっとと解決しようと無理矢理全員集合。

ミン尚宮も呼び出し。

「…でも、チャングムは?」ヨンセンは相変わらず頭の中はチャングムのことしかありません。ヤバイです。

ヨリ、当時の事件に関わってないのに、とばっちり。

やはり、主人公にケンカ売った者は皆、断罪される運命なのか?

おそるべし、チャングム。

そして、「やりました、やってません」と小学校の学級会並の取調べが行われ、もう泥沼混戦状態。

困り果てる揉み上げ番町役人。

と、そこへ死んだはずの医局長がぁぁぁッッ!!!

次回へ!

ってな感じだったけど、次回予告で流してはいけないものが

チャングムの最高尚宮姿。

あれは、次回までの取っておきじゃないのか?

取って置きを見せてやるッて感じなのか???

2005年9月 7日 (水)

台風一過の前の一家

にっくき台風14号も、儂の県から去り、ホッと一安心。

せっかく去年新しくなった橋の橋脚を流されたり、高速道路を崩されたり、冠水したり、孤立して自衛隊のお世話になった集落もあったり、ひどい目に合った儂の県だけど、儂の所は全くの無傷。

でも心配性の心の友の為に大丈夫だったよ報告をしとくわ。

風がひどくなり家が軋みだしたのが昨日の夕方。

それまで部屋で引きこもって読書を楽しんでいた儂も、さすがにヤバイと思ったさ。

「アイルランド幻想」ってゆー本を朝から読んでいたんだが、お国柄、海の話が多い。

古代神に主人公が生贄にされちゃったり、伝説の島の魔女に生贄にされちゃったり?

儂ん家の外でも強風が吹きすさび、波の砕ける音が激しくなってきて、ものすごい臨場感。

やっだ~、儂もさらわれちゃう?とか思って、両親の居る部屋に急いでGO!

すると親父が窓から海をじっと見てる。

「この風が一番ヤバイんじゃ。」

親父仁王立ち。

儂も横で仁王立ち。

おかんは正座して台風情報を食い入る様に見ている。なぜ、正座?

午後9時頃には、満潮で波がザブングルザブングルと家に押し寄せてきた。

幸い、庭をチロッと舐めただけで、潮は引いていったので床下浸水も無し。

しばらく海上で揺れるタンカーの灯りを眺めていたら、外に懐中電灯の光が!

自然に真っ向から立ち向かう巨ヴァカがおる!!!

だって、まだ風がゴーゴー音を立てて吹いてるのによ?

これには儂も黙ってられなかったね。即、懐中電灯をつかんで外に駆け出したさ。

だって何か負けた気がするやん、魂的に。潮風が纏わり付いて気持ち悪かっただけでした。

以上、ダメージリポート終了。

2005年9月 6日 (火)

近付く台風

去年の台風通過後の決定的瞬間。

14号は夜中に通過するみたいで、こんなヴァカ写真も撮れません。

       v6010031.JPG

2005年9月 5日 (月)

友よ、キミは台風休暇を貰ったか?

斜め降りの中、Y商店に出勤。天候に関係なく、Y崎パンのおにーちゃんが来て、「お彼岸用の和菓子注文をしてくれ」と盛んにのたまう。

お月見まんじゅうがおいしそうだったので注文。十五夜前日に大量に入ってくるだろう。

入れ違いにマダムTが出現。開口一番。

「にゅげちゃ~ん、明後日、午前中だけでも出勤してもらうかもしれないわ~。」

は!?儂の公休日を潰す気デスカ?

勢力を保った台風が近付いているのを貴女は知らないんデスカ?

普通なら明日、明後日、大事を取って休みにすべきじゃないんデスカ?

お前の血は何色じゃァァァッッッ!!!

ケツから手ェ突っ込んで奥歯ガタガタいわしたろかッ!?

とか思ったけど、ここはやんわりお断り。

「でも明日明後日、台風直撃ですよ?」

「あら、そう?」

とその時、いいタイミングで電話。

小学校、中学校、臨時休校のお知らせ。

「にゅげちゃんも明日休んでいいわよ。その代わり、明後日は出てきてね。」

…いーけど、水曜日にはこの辺りから台風は去ってるし。

だけど休ませろよ。つーか多分停電で仕事にならんて。

2005年9月 4日 (日)

強風の中、本屋へ

「ちょっと、マンガ買いに行って来る。」

よりも

「ちょっと、DEATH NOTE買いに行って来る。」

っつー方が数段イカしてる気がする。

ええ、雨が降る中、恒例の本屋めぐり。巡りあいマンガ。

封神演義完全版⑤⑥を手にした段階で、重くてもういいやって思ったんだけど、ウロウロする。

DEATH NOTE⑧がどっさり平積み。とりあえず購入。Lが死んだ時点で、もういいやって思ってるんだけど、ラストが気になるので最後まで付き合うつもり。

魔人探偵 脳噛ネウロ②これを買いに来たのさァァァッ!!

「我が輩を誰だと思っている、魔界の謎を解きつくした男だぞ」

コレにはやられた、脳天直撃。それと、刑事の笹塚さん。低いテンションと高い実力。で、ダラダラ行動してるのがお気に入り。メロンもダラダラ。

1話終わる毎に1カット、オカシナ絵が入るのもいい。

黒住化粧品、社長は色白。

NORA④、これ、これだけの為に本屋を3軒周ったさ。

もっと数いれろやぁぁぁッ!!!

この巻はいいね。ネロ出まくり、眼鏡割れまくり。

最初から、コイツはいい人材だと思っていたけど、期待通り。

月間ジャンプでは、よってたかってボコボコにされて、捨てセリフ吐き捨てて逃げてたけど、もっと強くなって帰ってきて下さい。そんで、ノラ達をボコボコに。って、それじゃあヤバいか。

でも儂は、眼鏡の味方ですから。

2005年9月 3日 (土)

ガンダムの後番組?

予告でちらっと流れたけど、BLOOD+ってゆーアニメらしい。

作品自体知らないけど、女子高生だし日本刀だし吸血鬼だし一応チェック。

にしてもガンダム、きちんと最終回を迎えられるのかしら?最後、全員死亡なんかにゃならんよなぁ?

46話「真実の歌」では見事にミーア撃たれ死にしてたし。まあ、偽者として出てきた時点で死亡は確定してたようなもんだけど。哀れやわ。使われるだけ使われて。

今回も本物のラクス様が「格の違いを見せてやる!」って乗り込んできた時には、めっさビビッてたし。

まあ、最後にキラとアスランとカガリとラクス様が生きてたら別にいいです。他がどうなろうとも。もう中盤から脚本破綻が見えてたし。くっ。

以前、後番組のことを心の友に語ったんだが、やるならこんな後番組が良かったな。

ガンダムSEEDアイドル伝説☆ラクス

戦いは終わり、復興しつつある世界。だが、人々の心は傷付き疲弊しきっていた。

それを憂慮するラクス様は、決心した様にキラに口を開いた。

「私、歌を歌おうと思います。」

「うん、ラクスの思う様にやればいいよ。」

キラのこの無責任な言葉を受けて、3年にも及ぶワールドツアーがスタート

どこへ行っても歓迎されライブは大成功。

しかし、この裏で悔しがっている人間がいた!!!

それはザフトレーベルからミニスカアイドルとしてデビューしたルナマリアとマネージャーのシンだった。

絶大な人気を誇るラクス様の影に霞んで、全く売れないルナマリア。

「もういいッ!!」

むくれるルナをなだめすかすシン。そして、怒りはラクス様のマネージャーであるキラに。

行く先々ことあるごとにぶつかっていく。

「なんで、いつもいつも…あんたはいったい何なんだァァァッ!!!」

って完全に八つ当たりなんだが、ガックリ落ち込むキラ。

「僕たちは、いつまで戦えばいいの…?」

この有様に1人の人物が立ち上がった。

「おねーちゃんは間違ってる!」

戦場カメラマンだったミリアリアがプロデュースした写真集「ツインテール」が100万部突破。

グラビアアイドルとして成功したメイリンが、ルナとシンに意見したのだ。

一方、オーブでは再びカガリのボディガードに戻ったアスランが、腐女子対策に苦慮していた。カガリの軍服姿に一部の特殊なファンが大興奮。

官邸の周りにも出待ちされたり、妙な同人誌が巷に出回ったり、その様な異常事態の対応に追われていたのだ。しかし、彼女らのどこから湧き出てくるのか分からないパワーに圧され、充分な対処が出来ない。

「くっ。どうして俺には力が無いんだ…」

「ボーヤだからさ。」

アスランが顔を上げると、そこには仮面で顔を隠し、赤い軍服を着た男が立っていた

「あ、あなたは!?」

以下次号。………続きませんが。

2005年9月 2日 (金)

疾走する選挙カー

「~をよろしくおねが~~~!」

おっと、田舎の直線道路をすごい勢いで誰かの選挙カーが突っ走っていったわ。

きっと刺客に追われているのね、ふふ。

今回の選挙は出不精の儂を引きずり出す程、なかなかおもしろいことになってきている。

そうそう、儂の日々シャウトする荒んだ日記を、トルコの友が読んでくれている。

トルコ。そう、飛んでイスタンブ~ルの近くのカッパドキア

いいセレクトだ。超古代戦争で核使用の痕跡が残ってるとか、うさんくさい噂が絶えない素敵プレイス。

そんな所に居ては今回の選挙戦がどうなっているのか分かるまい。

OKOK、儂が簡単に説明しちゃうよん。

これで、はるか遠く離れた国にいても、日本の選挙はばっちり把握サ。

「いや~、もういや~!郵政民営化しないなら解散する~!!」てな感じで駄々をこねた人が約1名。

これが国のトップだったから、さあ大変。衆議院は解散し、各選挙区にはなんであんたが?ってな人が立ったり、刺客が送られたり、忙しいったらありゃしない。

実はこの選挙戦には裏で暗躍する集団がいて、こいつらが各政党の勝敗を左右するかもしれないのだな。

総理側には、国で唯一マーダーライセンスを持つ人間がいて、反対勢力の人間を狙っている。ただ、暗殺すると後々面倒なので、弾は洗脳弾。これで「あれ?郵政民営化って素敵なことじゃないの?」って気をおこさせているのだ。

衆議院投票の際も使われたが、投入するのが遅く、今回の様な事態になってしまった。

これを悔いて総理は、徹底的にヤルことを決意。各地区に配属された女刺客、あれも特殊能力をもつ総理の手ごま。

これに薄々気付いたジャーナリストもいたんだが、向こうの方が一枚上手。マスコミにも『刺客』という言葉は使わないでって言ってきたのさ。

もちろん、民主党のOカーダさんとて気付かないはずはない。しかし、真面目実直な彼には、裏で対抗する手段がないのだ。

歯噛みして肩を震わせるOカーダさん。そんな彼に声をかけた人物がいた。

「私が、やろう。」

亀UUURYYYYYYYY!!!

そう、亀ゥイ氏にも子飼いの異能集団がいたのだ。

これから、およそ1週間強。

表では正攻法のトーク戦。

裏では、異能集団の命をかけた闘いが繰り広げられている!!!

          だったらいいなぁ。

チャングムの誓い46話の御感想

塀!

塀を乗り越えたァァァッ!!!

JACかッ、日本アクションクラブかぁぁぁッ!!!

いかんいかん、ミン・ジョンホ(?)の華麗なアクションシーンについ大興奮。

医局長様の御屋敷にやって来たチャングムとチョンホの前をわざとらしく横切る賊。

ツッコミ所満載だけど、殺陣シーンでその気も失せました。

カッコよ過ぎですぜ、ミンの旦那。

三歩下がってチャングムの影を踏まず、の奥ゆかしさもいいですが、やる時はやるぜ、クルクル舞いながら敵をねじ伏せるぜ、というハッチャケ振りも大好きです。

大好きと言えば、シン・イクピル先生。彼はいい。儂のストライクゾーンをかすってる。

ああいう峻厳系仏頂面キャラは痺れる~。もうメロメロ~ンw

でも身近にいたら、きっと「あいつ怖ぇ~、ムカつかね?」とか言ってそう。

今回、イクピル先生はオギョモにやたらヨイショされて目が泳いでた。

「え!?え!?なんで!?なんで、オレの手柄になる訳!?」

みたいな感じで。ナイス演技。

全体のストーリーとしては、アヒル事件の真相解明について一気に突き進んでる感がしました。

クミョンの心の葛藤が手に取るように分かるので、可哀想でなりません。チェ一族に生まれてこなければ、こんなコトにはならなかったろうに。

ま、彼女がいなければこの話もさほどおもしろくは無かったろうよ。

次回はヨンノにスポットライト当たりまくり。

ますます目が離せなくなる終盤です。

2005年9月 1日 (木)

最近、不条理に慣れてきた。

給料、貰い過ぎてる~ッ!!!

Y商店からもらう給料はいつも手渡し。今日、帰り際に頂いたので、スキップしながら帰宅。

数えてみると、どうも一日分多く入ってる。

あの野郎、またやりやがったな

店長、疲労が溜まってるのかしらんが、たまに間違えよる。少ない時は猛然と抗議しに行くが、今回は多い。はて、どうしよう?

くすねちゃおっかなぁ♪

あ、足元で寝ていた老犬アリーナさんがこっちを見ている。

こっちを、見ている…。

分かったよ、返しに行くよ。

全く、ピュアな犬畜生にはかなわないわね。こっちは迷惑料としてもらってもいいくらいなのに。

だって今朝、爽やかに出勤するとマダムTが仏頂面でやって来て、こう言うの。

「昨日は忙しかったのよ~。でね、旦那(店長)とケンカした時に電話がかかってきたの。」

ほうほう、いや~な予感。それを人はオーメンと言いますな

「『店長います?』って聞かれたから『いません』って言ってやったのよ。そしたら『奥さんでもいいんですが』『いません』『伝言、お願いしたいんですが』『私、従業員なんで分かりません』って言ったら、困ったなぁですって。」

ぅお~いッ!!

そりゃあ、困るだろうよ。そして、また儂のフリをするのはヤメロ。

何回やったら気が済むんだ。儂が後ろから刺されたら貴様のせいだからなァァァァァッ!!!

「その後ね、まだグチグチ言ってたから『早く切れッ!』ってどなってやった。」

ぅおおおおーい!!!

なんつー非道なことを。用事があってかけてきただろうに。

誰だか知らんが哀れな。

でもこの手の不条理が多すぎて、最近慣れっこフォォォォォォ!!!

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク