2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月の記事

2005年8月31日 (水)

バスに乗ったフォー!!!

久しぶりにローカルなバスに乗る。

最近の運転手さんは優しいわ。座席に座るまで待っててくれるなんて、儂カンゲキ。

以前はタラップに上がるか上がらないかって瞬間にGO!やったもん。まさに暴走バス。

1つガッカリしたことは、海が見える方に座りたかったのに、優先座席だったので座れなかったこと。

まあ、何においても優先されるべき人種の儂なら、座っても許されるかもしれないけど、そーゆー意味じゃないのでやめておく。

そうこうしているうちに友人宅に到着。

生後一ヶ月の赤子(ルナたん)を抱え、フウフウ言ってる友とガンダム話。

ルナたんもおっきくなったら立派なガンダム乗りになれる様、耳元で「ガンダムガンダム」って囁いておいた。きっと将来は立派なミニスカパイロットになってるだろう。

この家には猫男爵が二匹いるので、そいつらの御機嫌もとっておく。

トニーとロビンという、こまっしゃくれた名前だが、去勢済みなので心の中では「ネコビッチ」と呼びつつ撫でてやった。

ここで話題がレイザーラモンに移行。

「ノンノに出てたよ。」

「まじ!?すっげー。」

何にでも出てるなぁと感慨しながら帰宅。

サンデーを読もうとおもむろにページを開くと。

フォォォォォォー!!!

こ、こんな所にもッ!

HG金はがし。

剥がしていってフォーが出たら当たりらしい。

とりあえず、股間近辺を重点的に剥がしてみた。

v6010056.JPG

2005年8月30日 (火)

トリブラDVDやっと来た

トリニティブラッドの1巻がやっと届いた。

Tbdvd1_1 

遅いよ、アマゾン。これじゃあ予約した意味がないよ。

でもまあ、いそいそと開封。

う~ん、アベル神父、やっぱりカッコイイ。鼻血出る。とりあえずポイント整理。

第1話の鼻血ブーポイント。

・アレッサンドロ聖下(なぜならショタだから)

「ゥいけません、聖下ァァァァァッ!!!」って叫ぶフランチェスコ(なぜなら小杉十郎太だから)

第2話の鼻血ブーポイント。

・教授(なぜなら大川透だから)

・ヴァンパイアB(なぜなら大川透だから)

・トレス君(なぜなら二丁拳銃だから)

うむ。はやり画はキレイだなぁ。脚本はクソみたいだけど。

儂は原作派なので、作者の絶筆部分を補完する形でアニメをやるもんだと期待してたので、毎回見る度に吐血しそうやわ。

おまけが付いてなければ、このDVDも買う気は無かった。

でも初回限定購入して良かったわぁ。

CDに大満足。

アベルの「カテリーナさん、怖い~」は毎回なので、たいしておもしろくないし、カテリーナさんは大真面目で両親の墓参りやし、笑いは無いのか笑いはよぉって切れそうになってたら。

きたーーーーーぁぁぁぁぁッッ!!!!!

トレス君、やればできるじゃない。まあ、トリブラ占いで儂、トレスになってから少しひいき目に見てるけど。だって、暴走弾丸坊主だから。

あの抑揚の無い喋りで、一人でネガティブポジティブゆーてる時点でピン芸人の漫才みたいなんだが。

金庫を開ける時にパスワードが必要なんだけど、「夏草や兵どもが夢の跡…エラー、解除失敗。(抑揚無しで)」

って無理だろう。どう考えても。

最終的にパスワードが125文字のあの言葉なんだが、これが爆笑。

「じゅげむじゅげむ……ぽんぽこぴーの…(抑揚無しで)」

 

おまけタロット

Tbdvd13_1

 

おまけ四コマ

Tbdvd12

2005年8月29日 (月)

秘密基地を作るんだって

やっだ~、屋外水槽のおたまじゃくしと目が合ったわ。

こっちに寄って来る。だけど、ノンノン。

儂とお前とは種族が違うから、恋に落ちることは決して無くてよ。

そうね、悪い魔女に魔法をかけられた超セレブなナイス眼鏡だったら考えなくもないけど。

て、イカンイカン。

夏の直射日光が脳天直撃で妙な妄想してしまったわい。

それもこれもY商店の末娘が友達のリナちゃん(9才、メガネっ娘)と秘密基地を作ると言い出したからさ。なんかパーツを持って来る度に儂を呼ぶから、結局見る羽目に…。

ゆーても店の裏なので秘密も何も無いんだけど。

秘密にしたかったら、そこの山入ってすぐの小路をそれた廃屋にでも作ればいいのに。

一時期、落ち武者の霊(先々週あたりの銀魂に出てた落ち武者のコスプレおじさんを思い浮かべてもらえると、本望)が出るとか出ないとかゆー噂が流行ったもん。

秘密基地作るならそれくらいの根性みせろやぁぁぁッて言いたかったが、ちっさい女の子なのでやめておく。

儂にも一応理性とゆーものがあるので。

しかし、スゴイね。物干し台とレジャーシートでテントらしき物を作ったよ。

子供の創造力に今回ばかりは儂も脱帽。

2005年8月28日 (日)

まだ来ない

どうなってんの!?

トリブラの1巻がまだ送られてこないんだが、何やっとんねん、

アマゾン!?

社長を出せ、社長を!!

地方なめとんのか、ゴルァァァァッ!!!!

と、ブチ切れ寸前なので衝動買い。

v6010055.JPG

やっだ~、何コレ!?このパッケージからして投げっぱなしなスナックはよぉ!

前々から思ってたんだが、東ハトには鋭い感性の方がいらっしゃるに違いないわ。

素敵。

マンガも衝動買い

ニードレスっつーのを中身も調べず購入。

だって主人公、神父だから。

う~ん、イマイチ儂のテイストじゃなかったなぁ。

むしろ、これは儂の心の友トミー氏にふさわしい様な…。

一応、薦めとくわ。

ニードレスはアレだ。

パンチラ多いぞ~。

2005年8月27日 (土)

招かれざるオッサン

ウチの昼メシ時の団欒に、大嫌いなオッサンが押しかけてきた。

で、ムカつくので本屋でストレス発散。なぜ、ムカつくかは後述。

ヤバい、ヤバいよ。凄い物があるよ。

機動戦士ガンダムさん さいしょの巻

買う気は無かったのに、気が付くとローゼンメイデン5巻と一緒にレジに。

儂、ガンダムデビューはWあたりだから、Zとか初代は詳しく知らないんだけど…。

いや~、ってホント、いいですね。

マンガを握り締め感無量の所に、ベストフレンドからメール。

「ガンダムさん購入」

お、お前もかッ、お前もニュータイプなのかッ!!

まあ、赤い彗星の魅力には抗えないということで。

オッサンの話をしよう。

このオッサン、ウチに上がりこんで開口一番。

「Y商店のマダムT、ありゃ~頭オカシイで。」

やめてくれいッ!!!

儂のウチで不穏な事を言わないでくれ。親父も「ああ?」とか引いてたわ。

何だか冷たくあしらわれたらしく、盛んにそのことばかり繰り返す。

このオッサン、どこでも人の悪口をベラベラ言う人間なので、こっちが同意したらもう最後。

これもいろんな場所で言いふらしよる。

だから、親父もオカンも聞き流し。

オッサンが一方的に話してお開き。

まあ、マダムTは、嫌いな人間には徹底的に冷たいので安心しろや。とても客商売をやってるとは思えないほどになぁ。

オッサンだけにひどい態度を取ってる訳じゃないから。

そして、オッサン。手土産無しで来たあげくビールを要求するのはヤメロ。

マザーテレサの様に温厚なオカンも、流石に片眉がピクリと跳ね上がってたで?

2005年8月26日 (金)

その話はもう3回目ですよ?

Y商店から5分ほど車を走らせた所に、N商店がある。

ここも小さい個人商店。

もちろん、マダムTから見れば

そこの店長はこの辺の個人商店を取りまとめる会長さんらしい。

その人がやってきて、マダムに「何か意見はあるか?」みたいな事を聞いてきた。何かとN商店が気に入らない彼女は「あんたに意見がある。」って言おうとしたが、ほんの僅かに残されていた理性がその言葉を止めたそうな。

良かったぁ。『意見』て多分、そーゆー意味じゃなくて個人商店の経営全般に対する意見だと思うのですが、どうでしょう吾郎さん。

この話を聞いた時、思わずほん怖の菅クン口調でツッコんでた。頭の中で、そっと。

で、初めて聞いたのが確か先週。2回目に聞いたのが月曜。3回目に聞いたのが今日。

いい加減にしとけよ、この野郎!!

笑顔で相づち打つのも今日までじゃあぁぁぁッ!!!

あと何回聞かされるのかウンザリしてた儂の耳に、別の商店を呪うマダムの言葉が入ってきた。

車で15分離れた場所に、U商店がある。

もちろん、マダムTから見れば

Y商店より小さいくせに、菓子の卸し屋さんが、でかいトラックでお菓子を持ってきたのが気に入らなかったらしい。

Y商店にはいつも軽のワゴンで来るから。

え~やん、ソレくらい。たまたまやと思うで?地区の旅行かなんかで菓子がいるとかゆー理由じゃないの?

と思ったが反論すると般若の様な顔になるので、黙って聞き流す。

今日はずーっとマダムの呪詛を聞き続け、ストレスが溜まったから家でのんびり漫画でも読もうと思ったの。

でも探しても読みたい漫画が出てこない。

どこに行ったんじゃあ!?神の左手悪魔の右手よぅ。

2005年8月25日 (木)

F4と聞いて…

携帯でニュースを見てたら、『F4』という文字が目に飛び込んできた。

お、台湾のあのグループ?とか思って読んだら、戦闘機F4のことだった(笑)

いや、嫌いじゃないけど、ファントム。

週刊ワールドウェポンも毎週買ってたし。

本屋の自動ドアをくぐった途端、店員さんが用意して待っててくれた苦い思い出もあるし。

言うほどマニアじゃないんで、たいして詳しくないけど。

ホント、嗜む程度。

ニュース自体はF4の後継主力戦闘機を何にするか決める、みたいな事が書いてあった。

儂は断然、F22!

だって、ステルス搭載だもん。あの形状は堪りません。

もちょっとマニアな人からしたら、鼻で笑われるかもしれないけど、儂の好みなんだからしょうがないよね。

2005年8月24日 (水)

ゲーム極上生徒会

極上生徒会がゲームになる!

欲しい…。

でも、ちょっと考えちゃう。

だって、儂、女の子だもん。

教育実習生になって、学園に来て、特定の女子と仲良くなって何が楽しい!?

あ、でも聖奈さんとは仲良くなりたい。あの笑顔の裏でイロイロ画策してるかと思うと…。

素敵です。一生ついて行きたいです。

そうなるとやっぱ欲しいなぁ。

フルボイスだし。

買うとコンプリート目指すの分かってるから、多分来月は屍の様になってんだろうな。

………買うか。

2005年8月23日 (火)

今日の犠牲者

あ、朝イチで酒屋のおにーさんがマダムTに説教くらってる。

「アタシが注文した物以外は持ってくるなって言ったでしょッ!」

どうやら、店長がこっそり追加注文したらしい。

おにーさんも昼からくれば、マダムいないから快適にお酒を卸して帰れるのに。スケジュールが合わなかったのかしら?

なんだか、こっちに視線を向けてくるおにーさん。

やめて、そんな目で見ないでッ!

市場に売られていく子牛みたいな目でッ!!

儂はただ祈ることしか出来ません。

店長不在の今、ヤツに逆らうことの出来る人間などいないのです。アーメン。

結局、ひとくさりお小言をたれてから、おにーさんを解放。

いいトバッチリ。

間髪入れずに、タバコ屋さん来店。

どうやら店長がこっそりタバコの追加注文を…ぷっ。

タバコ屋さん、トバッチリ。

でも店長も、もっと堂々と注文出来ないのかしら?

一国の主だろうに。このままではまた新たな犠牲者が生まれそう。

今日は儂の方にトバッチリが来なかったので、晴れ晴れと帰宅。

すると、親父に遭遇。

灰色の雲が駆け足で流れる空をじっと見てる。

「親父ィ、なんや、UFOと交信か?」

「アホかッ!!」

分かってるって。

親父は漁師なので、風を読んで漁に出るのを判断してるのさ。

すごいぜ、親父。

腐っても漁師、酔っ払っても漁師、太鼓腹でも漁師やなッ☆

2005年8月22日 (月)

卵で…

でっかいスーパーなんかは、大量に仕入れるから、卵の値段はたいした変動は無いだろう。

だけどY商店の様に個人商店だと、そう多く仕入れない。なので、常に変動する。

卵は時価

そして今日もちょっとだけ高くなった。

いつも値段設定をする店長が不在の時に、近所の喫茶店のマスターが卵を1箱買いに来た。

分からないから、以前の値段で出す。マダムTが

マスターが帰った後、すっげー優しい声で儂に訊ねてきた。

「ニュゲちゃん、卵の値段は変わったの?」

「分かんないんで、そのままで売ってま~す。」

「そう、後で旦那に聞こうね、ふふふ…」

え、笑…顔が…怖ぇぇぇッ!!

そして、いつもの様に店長が帰宅してからバトルが始まる。

「あんたぁッ!卵ッ!!」

あわわわわ。

ヤバい雲行きなんで、外の荷物を回収するフリをして撤収。

とりあえず、トラックの荷台を見渡す。

あちゃー、よりによって月曜日に市場から持って帰ってはならない物が積んであるよ。

お墓参り様の菊の花束。

お参りは週末に集中するから、週末だけ仕入れを許されている。マダムTに

どうして平日は売れないと頑なに信じているのかな?分かんないな。

万感の想いを胸に菊を眺めていると、得体の知れない冷気が。

振り向くと、そこにヤツがいた。

マダムはおもむろに菊の花束をつかむと、吼えた。

「あんたぁッ!菊は持って帰るなって言ったやろ!!想定外じゃぁッッッ!!!」

2005年8月21日 (日)

雨がよう降る

カニも雨宿り♪

  v6010053.JPG

2005年8月20日 (土)

ボーボボ、北米進出!

少年ジャンプの『ボボボーボ・ボーボボ』が、ついにアメリカで放映される!!

Cartoon Networkで10月1日土曜22時30分から。

まさかの笑撃!

もちろんアメリカ様で放映なので、名前なんかもアメリカちっく。

ボーボボ、首領パッチ、うんこソフトンさんは、そのままだけど、

ところ天の助は、Jelly Jiggler(揺ら揺らゼリー)。

どこまでいっても不遇なヤツ。くっ。

鼻毛真拳は、Fist of the Nose Hair.

む、英語だとなんかカッコイイ。まんま直訳だけど。

見たいなぁ。逆輸入してくんないかなぁ。

あ、その前に英会話マスターしなきゃ。へっぽこやし。

ドイツ語なら、なんとか分かるんやけどなぁ。

いや、別にドイツの出版社が出してる『BANZAI』って日本まんが雑誌を読んでる訳じゃないけど。

なんてゆーのかしら、そう、魂的に分かる気がするの。

ゲルマン魂っての?なんか、大移動した気がするし。

あ~あ、ウィリスが英語教えてくんないかな。アルマゲ的に。

2005年8月19日 (金)

魅惑のマルセイバターサンド

友人から北海道旅行土産が送られてきた。

もちろん、儂のお気に入り、マルセイバターサンド

濃厚なクリームの中にレーズンがぬはぁっと入ってて、レーズン嫌いなら見ただけで失神しそうな代物です。

儂は大好きなんだが。

未来世紀に残さなければならないお菓子の1つだと、儂は声を大にして言いたい。

いつもなら、吐き気を堪えて自分の限界に挑戦すべく、一気に1箱イかせていただくのだけど、おかんに目ざとく発見された。

しょうがないので、おすそ分け。

だって淑女だから。

お婆と老犬アリーナさんにも、おすそ分け。

だって淑女だから。くっ(;_;)

ありがとう、友よ。キミの素敵土産はものの5分で無くなったよ。

      v6010052.JPG

2005年8月18日 (木)

高校野球と地方放送

おつりを渡す時に手を握ろうとするお客がいます。

すんげー迷惑なんでやめろ!

ま、そんな薄らハゲは置いといて。

今日は儂の応援している高校がめでたく勝ちました。

パチパチパチ~(^_^)v

で、NHKではなく、地方放送で見てたわけだ。

もちろん、地元のTVなので、地元の高校をかなり贔屓に応援実況

「ガンバレ、ピッチャー!!」

は、まだいいとして、フライを取る場面では、

「風に気をつけろ~」

「あと、1アウトだ、慎重にいけぇ!」

など、親身になり過ぎ

相手が点を入れたら、一応デッカイ声でほめるんだけど、なんか気が抜けた感がありありと感じられます。

「これは、大きい!だが、風が吹いている!!ああ!?ヒットになってしまったぁ!(あかんねや)だが、まだ大丈夫。これから気を引き締めてやれ!(この辺、ビール片手にTV見てるおっさんの呟きと変わらん)」

相手ピッチャーのいい所も一応言うんだけど、本気で言ってないのがヒシヒシと伝わる。

いいのか、それで?

勝って退場するまでずっと彼らの姿を追ってるし、負けた方は土を泣きながら集めてるのを、ほんの3秒写しただけ。

地方放送って、いいなぁって思った一瞬でした。

2005年8月17日 (水)

小学生にダメ出しされた

「ニュゲたんの爪、キラキラしてる~。」

Y商店の末娘(9)が儂の手をじっと見る。

「あ、これ、蛍光ペンや、蛍光ペン。」

嘘です。れっきとしたマニキュアです。

Y商店は年寄りが多いので、儂の爪を見て、腰を抜かさない様に薄いピンク色にしてる。

ギラゴールドなんかに塗るのは宝くじ買いに行く時だけ。

ええ、Dr.コパを信じてるから。

しかし、アレかね?小学4年ならそろそろリップとかマニキュアに興味湧かないのかね?

末娘はどーでもいいらしい。

「なんで塗るの?」

不思議そうに聞いてくる。

儂の場合は爪割れ防止に塗りたくっているんだが、「このほうがいいやん。」って答えたら、じっと儂の顔を見て一言。

「ニュゲたん、キレイになりたいの?」

なりたいわ~ッ!!

女子に生まれたからには、やはり内面と同じくらい外面も磨かねば。

「美は一日にしてならずよ~。」

って、どっかのボイン姉妹も言ってたやん。

末娘に「うん」って言ったら、またじっと儂の顔を見て一言。

「髪形変えたら?」

ええっ!?えええ~ッ!?

あかんの!?ダメ出しなん?

小学生にまでダメ出しされる髪形なん!? 

            v6010051.JPG

2005年8月16日 (火)

高校野球……

儂の夏は終わったも同然!!

青森山田、柳田クン頑張ってたのに敗退。

静峰も負けちゃった(>_<)

今大会1番のお気に入り、古川クンをもう見れなくなるなんて悲しい限りです。

ちょっとムッツリ系の顔なんだけど、笑顔が可愛いから食い入る様に見てたのに。

でもよくやりました。ブラウン管の前で手を叩いてました。はい。

残る希望は宇部商業。

上村クンのバット回しは毎回目が離せないわ。

もうクルクルすんげー回す、すんげー。彼がバッターボックスに入ったら、目が釘付け。

もう、クルクル君って呼んでるわ。

あとは何故か校歌を覚えちゃった苫小牧。

栴檀林、栴檀林じゃあ~っ!

2005年8月15日 (月)

妖怪大戦争が引き起こした家族大戦争

Y商店の末娘(9)が儂の所へやって来て、こう言った。

「ニュゲた~ん。妖怪大戦争が見たい。」

あ、そう。儂も見たいわ、神木クンをッ

つーか、親に言いなさい親に。両親そろって、そこにいるやん。なぜ、儂に言う。

自慢じゃないが、免許無いから車の運転できませんよ?

よしんば有ってもキミを連れては行きませんよ?

「ああん?映画~!?」

黙って聞いていたマダムTが不機嫌そうに言った。今日はいつにも増して機嫌悪い。

「…うん。」

上目遣いにマダムを見る末娘。

儂はうるさいのが一気に片付くので、大賛成。

いってらっしゃい、心行くまで遊んでいらして。

そう、心の中でシャウトしてたが、マダムがお疲れらしく、却下された。

しょんぼりする末娘。

すると店長が「連れてってやれーや。」と言い放った。

この言葉にマダム、スパーク!!

「しんどいんじゃー!」

店長は配達があるので、子供たちと遊びに行けない。だから、マダムがいつも映画館に連れていくのだが、今日はホントに気が乗らないらしい。

このあと、しばらくもめて明後日行くことに決定。それでも納得いかない末娘。

うるさいので、儂がちょっとそそのかしてみた。

「本が出てるから予習しとけば?」

それを聞いて、すぐ本屋に直行。

午後まるまる「ニュゲたんは、どの妖怪が好き?」っつー質問で時間を潰されました。

儂は油すましがお気に入りじゃー!!!

2005年8月14日 (日)

やっぱ陰陽師は石田ちゃんでしょ。

やっだ~、ちょっと知らない間にヤフーで占いHP作ってるじゃない、石田ちゃん。

しかも恋の悩み相談だなんて、儂も占われたいゾ(笑)

でも残念なことにヤフープレミアム会員じゃないと占ってもらえないの。別にいいけど。

Q&AのA、明らかに石田ちゃんじゃないんだもん。

石田ちゃんは、あんな上辺だけの優しさのみで語る様な人じゃないわ。それにネットじゃ、ありがたみも薄れるってものよ。

「この家に悪さするものは何者か、両手を上に挙げて答えよ。」

って、棒読み感満載で直に答えて欲しいわね。

プレミアム会員に抽選で石田ちゃんのメール相談が当たるらしいの。

いや~ん、それってメ・ル・ト・モ

これにはちゃっとクラクラきちゃうけど、やっぱ生身?

生身じゃなきゃ、嫌ッ!

石田ちゃんをプレゼントして下さ~い。

v6010052.JPG

閑話休題。

親戚のおじ様からお小遣いを頂いたの。こんないい年をした淑女に。ありがたく、つかわさせて頂いたわ。ほら、あぶく銭ってすぐ消費しないとイケナイでしょ?

原田大二郎に「アイツだけには勝てなかった」と悔しがらせた、地元学校出来て以来の秀才のおじ様を見習って、本を購入。

細野不二彦の『ダブル・フェイス』大人買いしちゃいましたぁ。

2005年8月13日 (土)

まんじゅう、怖い?

v6010052.JPG怖いわぁぁぁっ!

ダイエッターには充分すぎる程、怖い物の1つじゃい。

今日は親戚のおじさんとおばさんがやって来た。土産の甘い物などを携えて。

スレンダーな儚げ系美人従姉妹は来られなくなったので、ダイエット時のお菓子制限なんて、とっくの昔にやめている儂は、躊躇せず口に放り込む。んまんま。

Y商店の仕事を終えてから、宴会に合流予定。途中参加はつまらないので、さりげなく店長に「今日、親戚が来てるんですよ(早退させろ)」。願いをこめてスマイルするが、効果なし。

「あ、そ。」

って帰らせろやーッ!

その言葉に俄然ヤル気を無くした儂は、店の倉庫に引きこもり

たま~にジュースを出しに店内に入る。そしてまた引きこもり

そしたらね、ちょっと楽しくなってきちゃったの。倉庫が暑くてコワれた訳じゃないわ。

いつもはかごに大量のジュースを入れて運搬するんだけど、今日は自分の限界に挑戦。

両手でいくつ持てるか、やってみる。

あら、意外と持っていけるわね。今度、ギネスに申告しなきゃ。

一人、ほくそえんでいると、お客様が冷蔵庫のドアをそっと開けてくれた。

やっだー、ありがとーゴザイマス。でも儂の姿が見えなくなる場所に移動してくれる?

だって、2ℓジュースを両手の指に2本ずつプラプラさせて、半ばガニマタ。

まるでTV東京系の深夜アニメに出てくる機械化歩兵みたいなんだもん。

照れるわ(*^_^*)

2005年8月12日 (金)

人面じゃくし

v6010051.JPGこのアングルのおたまじゃくしって、おっさん面してる。

Y商店のY夫婦がケンカして、マダムTがウサ晴らしのショッピングに出掛けたので、儂はすこぶる快適に仕事をこなす。

で、個人商店の宿命というか何というか、お盆休みなどない。なので、余力を残しつつダラダラ働く。

で、個人商店の子供の宿命というか何というか、夏休みの旅行というものも無い。

周りの子供は、お盆帰省や小旅行でいなくなり、Y商店の末娘(9歳)が、儂に付き纏う。

「ニュゲた~ん、あたし、遊ぶ人いない。」

「知るか、仕事させろ!」

だから、儂はちびっ子が苦手なんだって。付いてくんなって。ホント、お願いします。

「お姉ちゃんと遊べい!!」

すると、しょんぼりして、たまごっちをやり始めた。どうも姉と遊ぶ気分じゃなかったらしい。

大人しくなったので、せいせいして品出しをする。

と、背後からピロピロ軽快なゲーム音が。

ええ、たまごっちしながら付いてくるんですよ、末娘が。どうしたらいいのかしら。

儂の後ろに立つんじゃねぇーっ!!!

って回し蹴りも出来ないし。一応、良識派なので。

「おたまじゃくそん見に行くか?」

うっさいので、店裏に置いてあるメダカプールに連れて行くことにした。そこまで連れて行ったらほったらかしにする寸法さ。ふふ。

メダカプールには体長3mmくらいの子メダカがうようよ泳いでる。当然、水替えなど不可能に近いので、水草が繁茂してて、沼みたい。そこに、蛙が卵を産み落として、これが無事に孵化。もんそい数のおたまじゃくしが藻を食いながら、日々成長している。

そこで、しばらく写メ撮りに夢中。ヤツラ、もんそい速さで逃げよるから、撮り辛い。

儂はしばらくしたら飽きてきたので、末娘を置いて、一人店内へ。

でもすぐ付いてくる。困ったわ。

お客さんも来なくて暇なので、とりあえず酔拳を教えてみる。

まあ、酒瓶じゃなくファンタのペットボトルなので問題はあるまい。

2005年8月11日 (木)

ドッグフードの行方

v6010048.JPG「ぅおーい!またカニが入ってるゾ!!」

ウチの親父が風呂場で叫んでる。

しょーがないやん、ウチ、めっちゃ海に近いんだもん。雨の日とか満潮時とかに狙ってカニやらフナ虫が侵入してくる。夜中、廊下をカリカリいう音が聞こえたら、大抵カニ。

捕まえようとしても、ヤツラ人智を超えた速さで逃げていくから手の施しようが無い。

分かっているので、親父が叫んでも、儂もおかんも半笑い。

諦めろ、親父。

カニもフナ虫も家の標準装備だと思え。

それより逼迫した問題が1つ。

老犬アリーナさんのドッグフードの減りがやたら早い。

夏バテでご飯もろくに喉を通らないのに、おかしい。

どんぶり飯はすぐ腐るので、ドッグフードをすぐ食べられる様にお皿に盛ってるんだが、それがとんでもなく早く無くなる。おバアの話では、ネズミがかじってるんじゃあ?ってことなんだが、それにしてもかじり過ぎ。

おバアの部屋で飼っているんだが、昼間は外で番犬をしているアリーナさん。

宅急便のおじさんが荷物を運んで来た時は尻尾を振って大喜びのアリーナさん。

新聞代を請求しに来る人には吠え掛かるアリーナさん。

きっちり役目を果たしているアリーナさんが、ドッグフードを盗むヤツを見逃すハズが無い。

家族みんなで首を捻っている、そんな今日この頃。

おバアは見た。

野良猫がおバアの部屋から飛び出してきたのをっ!!!

2005年8月10日 (水)

あなたが知ってる世界

みのさんが夏休みのおかげで、『新・あなたの知らない世界』を真昼間からやっている。

太陽がさんさんと照りつけ、人々は海水浴、セミたちも命を謳歌しているこの時間帯に。

まあそれはいいんだけど、マンネリかしら?何回も自局、他局が放送してるネタを突っ込んでくる日テレの厚顔無恥さに脱帽。

もっと素敵ネタを拾って来い!

儂の周りは霊感ある人がチラチラいて、そーゆー話に事欠かないので、TVの話もイマイチつまんない。おもしろいのは稲川順二の語りだけ

まあ、儂的には霊がいるかどうかは、妄信せずにまず疑ってかかるようにしている。儂のババアも以前、三途の川を渡り損ねてから、霊が見える様になったらしいが。

ババアの話は人魂が飛んだとか、梅雨時に河童が田んぼにおったとか、なかなかウィットにとんでるので、半笑いで聞くようにしている。

でもちょっと気のせいにしておかなきゃ怖くてやってられないな、っつー素敵体験が儂にも。

雨の日のY商店の天井をガサガサガサってなにかデカイ動物が駆け抜ける音を聞いたとか。こいつは雨の日じゃないと聞けない素敵サウンド。ブルブル。

服の端を引っ張られたとか。

お盆提灯がコンセントも差してないのに、クルクルキラキラ回ってたとか。

ジジイに「珍しい形のブドウやで。食えよ。」ってお供えしたら、チーンって鐘が鳴ったとか。

全部、気のせいですからー!!!

2005年8月 9日 (火)

ついにこの時が来たみたい

ダイエットしなきゃー!!

避けていた課題が、ここに来て儂の前に迫り来る。そう、まるで夏休みも終わりに近いのに、まだ宿題に手を付けてない的緊迫感。

過疎化が進むこの地域。出くわすヤツは、爺さんで婆さんでおっさんでおばさんだから、手抜きし放題だったのに。

若いオスがいないのに、頑張ったってしょうがないし、第一小太りの方が年寄り受けがいい。

「ニュゲちゃんは、今が一番かわいいのよ。」

ってゆー近所のおば様方の口車にまんまと乗せられ、素敵スイーツタイムを満喫してきたのがアダに。くっ。

いや、別にプルプル二の腕とかタプタプお腹とか、全然気にしてなかったのよ。

だけど、近々従姉妹が来ることになったから、さあ大変。

その従姉妹、儂が言うのも何だけど、かなり可愛い。色が白くて、スレンダーで、はんなりおっとり系。以前たまたま遊びに来てた友人に「ほんとに従姉妹?」などと疑いの眼差しを向けられる程、似てない。つーか好対照!?

従姉妹は一言で言えば、儚げ美人

儂はと言えば、「お前ってさぁ、男と同等に扱われたいやろ?強いし、重いものも自分で持つよな?」とかなんとか勝手にガテン系ねーちゃんと思い込まれてるくらい、ガテン系

小太り両親の遺伝子をキッチリ受け継いでるんだもん。スレンダーバディなんて夢のまた夢。親父にいたっては、いつになったら腹の中の三つ子産まれるの?みたいな姑獲鳥のも真っ青な腹を持つ漁師。

これじゃあ、儂がいくらダイエットしてもなかなか痩せないのがよく分かる。

今まで、いろんなダイエット薬にも手を出してきたけど、体重落ちるのは最初だけ。途中からは、効かぬ、効かぬのだぁ、トキよ!!!

ラオウ様も目から血の涙を流されるくらい効きません。

かと言って、運動は嫌いだし。

なんて、我儘は言ってられなくなったのよ。だって、従姉妹と並んで歩いてみて、儂の身体で従姉妹殿が見えなくなったら、どうしよう?

人に姿を見せられぬ、獣の様なこの体。

ああもう、早く人間になりたーい!!

つーか、儚げ美人バンザーイ!!

2005年8月 8日 (月)

さらば、千福ジジイよ。

Y商店の常連で、千福ばっか買う爺さんがいた。

「ねえちゃん、酒。」

自動ドアが開いた瞬間に発する言葉がこれ。儂は笑顔で返事して、千福の赤いのを持ってってやる。

「コレでいいんかな?(千福ジジイ)」

「おお、これこれ。」

「OK!(千福ジジイ)」

心の中で何度も復唱。

そんな、ハートウォーミングな日常をくれたジジイが、異界に旅立たれた。

今朝はほんのちょっぴり、しんみりしながらY商店に働きに行く。

葬式に持って行く物を揃える為、店はもう開いていた。

そこで、儂のしんみり感も霧散

なんだか、Y夫婦の空気がおかしい。ピリっとる。

儂が来る前に、何かやらかしたに違いない。ビールやら砂糖やらをトラックに積み込む間、ずーっと無言。終始無言。色っぽくも何ともない。目と目で通じ合うなんてことも一切無い。

まあ、その静寂もほんの少しの間だったわ。

マダムTの雄たけびが店内に響いたの。

「ウロウロするな、気持ち悪い!

喋るな、気持ち悪い!!

触るな、気持ち悪い!!!」

って、店長は、アレか?悪性のウイルスか?

中国で死者を出した、豚連鎖球菌か!?

2005年8月 7日 (日)

な、何ィ!?こ、これは!??

ヴァジュラ・オン・アーク!!!

いかんいかん、つい興奮しちゃったわ。叫ぶのはカラオケだけにしとかなきゃ。

本屋さんの店頭に『鬼神童子ゼンキ』のワイド版が並んでるんだもん。儂、びっくり。懐かしいわ。表紙の小明が萌え系の絵になってて、時代の流れというものを感じたなぁ。

ちょっと欲しかったけど、財布と相談してまた今度にする。だって今日は『封伸演義 完全版③④』を買いに来たんだも~ん。

と、そこでたむろしてる中学生3人組の会話が気になったので、本を探してるフリで立ち止まる。

「…だからぁ、猫がなぜ喋れないかと言うと、絶対音感がぁ……。」

どこの何からの受け売りかは知らんが、僕ちゃん賢いんです、って感じでくっちゃべってたのが、気に入らなかった。

だいたいな、猫がしゃべってみ?

「ご主人しゃまぁ、ボク、ツナよりまぐろが食べたいにゃ。」

とか言われてみ?

破産するで!?

それどころか、会社休んで、猫と1日中ストロベリートークよ?日本全国引きこもりよ?

猫が喋れば、国が滅ぶわい。常識ってものを知らないんだから、近頃のガキんちょは。

心の中で悪態をつきながら本を手に取る。

でも昔は漫画ってビニールかかってなかったよなぁ。立ち読みし放題で。いつから、こんなになったのかしら。まあ、どこの誰とも分からないヤツの手垢が付いたかもしれん本なんか、金出して買いたくないけど。

そんな儂も小さい頃は、よく立ち読みしてたなぁ。ジョジョの奇妙な冒険とか。

震えるぜハート、燃え尽きるまでヒート!!

しながら読んでたもんよ。

あと、やたら1シーンだけ覚えてる『魔界学園』。菊池秀行原作で、飛びついた漫画。

ボクシングに始まりボクシングで終わった。確か。記憶おぼろげ。

途中、お前、人間じゃないだろって敵と闘いながら、さらわれたコを助けだす設定だったと思う。で、関東から関西へ移動する手段が新幹線しかなくって、それに乗るんだが、最大の難所が主人公に立ち塞がる。

その名は名古屋

天変地異で人々が滅んで悪霊化した名古屋の人達が集合して、名古屋というモンスターとなって襲ってくる。

モリゾー&キッコロも驚きの展開。子供心に、ありえへんと呆然とした記憶があるわ。

うん、でもこの漫画も良かった。また読みたかったり読みたくなかったり?

2005年8月 6日 (土)

言ってみたい言葉部門第一位

朝、親父がゴチャゴチャいちゃもん付けてきた。

理知的で物静かないつもの儂なら、「お父様、少々煩くてよ?」ってな感じで応戦する。

だって淑女だから。

でも、寝起き直後ってボーっとしてるやん?

ある意味、無防備って言うか、衝動的になっちゃうって言うか、リミッター解除って言うか。

本能の赴くままに行動するのが、この時間。

だから、つい言っちゃったんだよね。

「ウルサイ、このチンカス野郎がぁぁぁっ!!!」

お父様、ほんの少しションボリされてたわ、テヘッ☆

ごめんなさいね、お年頃の娘がこんな汚い言葉を吐くなんて。

どうしよう、これがきっかけでお父様の精神が不安定になり、ついには一家惨殺?なんてことになったら。

きっと、ワイドショーのテロップには『チンカスが元で』なんて書かれて、ご近所真っ青な猟奇事件として、歴史に残るんだわ。近所のおばちゃんたちも、顔にモザイクかかりながら出てきて、「お上品な娘さんだと思ってたのに。」なーんてコメントするんだわー!

ヤバイヤバイ、ここはゴマすり作戦を展開しなきゃ。

エビスビールでも買っとこう。ちょっと贅沢なビールだし。お父様もイチコロね。

でも、何ということでしょう。口に出すと、これ程すっきりする言葉が他にあって?

殿方が、一度は言ってみたい言葉部門第一位「このメス豚がぁっ!」である様に、儂の様な淑女が、もしアバズレだったなら言ってみたいランキング第一位が、この言葉。

あと、「このフニャチン野郎」ってのも叫んでみたいけど、それは世界の中心を見つけるまで我慢しますわ。

2005年8月 5日 (金)

ときめいちゃうちゃう?

うっわー、すげえ。初めて見た、小蝿の交尾

やっぱ昆虫界のセオリー通り、メスがデカイや。

つか、一生懸命腰振ってるよなぁ、オス。ちっこいくせに。飛びながらヤッてるし。

ああ、いけないわ。つい30秒くらい必死で見ちゃったわ。

ううん、羨ましくなんて全然無くてよ。この数年彼氏がいないからって、虫ケラごときに嫉妬なんてしなくてよ。

淑女なんだし。

ここは堂々と、儂の阿部寛が白馬に跨って迎えに来るのを待つわ。

ああ、待ってやるともさ。

ドラゴン桜の寛はいいわね。

小意地悪で態度デカイ傲岸不遜系っての?

もろストライクゾーンど真ん中!

ああん、いぢわるされたいされたい。

でもでも、ルックスがあんなこざっぱり男前では、恥ずかしくて気が引けて、目も合わせられませぬ。プチ対人恐怖症の儂としては。

ボサ髪で眼鏡かけてボーっとしてるトリックの上田じゃないと、いけませぬ。

さらに白衣なんか着用で、裾をひるがえしながら廊下の角を曲がった日には。

ああ、いけない。イっちゃてたわ。

ちょっと妄想、空想、ペガサス幻想。

さーて、ドラゴン桜見て、NHK特集シルクロード紀行見て、クソして寝よっと。

2005年8月 4日 (木)

ドキドキ☆テレフォン・ショッキング

Y商店は田舎にある。この辺りも過疎化が進む高齢者の多い集落だ。

なので配達してくれと言う電話が頻繁にかかってくる。

弱弱しい聞き取りにくい声なら、まだいいほう。

「店長に、そこの婆さんって言えば分かるから。」

「店長の彼女って言えば分かるから。」

なんて電話が来た日には……。

エスパーじゃないんだから、分からんよ。

名を名乗れ、名を!

そっくりそのままヤツラの伝言を伝えると、店長だって首を捻る。で、そのままほったらかしだから、また謎の怪電話がかかってくる。なんて素敵スパイラル。迷惑この上ありませぬ。

でも信用に関わるから、どんな電話だって丁寧に聞くよ、儂は。

儂はね。

だがしかし、この集落一のサーベルタイガー、マダムTの電話対応は容赦ない。

「今、責任者がいないから用件を聞けません。」

に始まり、

「アタシ、従業員だから、分かりません。」

なんて日常茶飯事。

って、ちょ、待て、ざけんなよ。

儂の名を騙ってるー!!!

やめて、やめてよ。儂が何らかのトラブルに巻き込まれたら、どうしてくれるのよっ!

オタオタしてたらまた電話が。

マダムが受話器を取る。

「……あ、Tさんなら離婚して出て行ったので、ここには居ません。」

いいのか、それで?

2005年8月 3日 (水)

スキスキ、久米田康治センセー

少年マガジン連載の『さよなら絶望先生』

必ず読むんだけど、最近は後ろ~の方になって、はっ、打ち切りも近いの?なんて心配してたけど、今週号は前の方だ。ちょっと安心。

今回は四コマ漫画について。

また久米田センセー独自の世界観が爆発。この人、背景にも、お宝画を描いてたりするので、細かくチェック。1コマ1コマ気が抜けませぬ。

四コマ例の起で、「ザフト」って書くあたりが素敵過ぎ。

もう一生、付いて行く気満々です。

2005年8月 2日 (火)

トーマス坊や

「おねーたん、これ買うの。」

「そう、いいねぇ。」

満面の笑みを浮かべてちびっ子と会話する儂は偽善者だ。

だって子供嫌いなんだもん。なのに纏わり付いてきやがるぜ。

このトーマス坊やもその1人。彼との出会いはタバコの自販機の前だったわ。

せっせと入れる儂の背後に黄色い三輪車で近付いてきて

「もたもたするなよ~。」

ぶっっっ殺す!

だって4、5歳のガキんちょにそんなこと言われて、ご機嫌麗しい程、儂は人間出来てないよ?

何も言い返さんとギロリと睨んだら、慌ててトーマス坊やの婆さんが飛んできた。そして平謝りで帰っていったさ。

そんな素敵な馴れ初めがトーマス坊やと儂の間にはあるの。

何故トーマスかというと、必ずトーマスのガムを買って帰るから。

まあでも最近じゃあ、マブダチさ。

儂の後ろをトコトコ付いて来るぜ。

そして今日もアイスを差し出して大喜び。

「これ~。これ食べるの~。」

「え~、いいなぁ、ちょっとちょうだい。」

などと鳥肌が立ってくるような会話を交わし、ニコヤカに金を受け取る儂。

よしよし、どんどん通ってたくさん買えよ、それが儂の給料になるからな。

良いコのみんなも、やたら愛想の良い店員がいたら、気を付けろ。

腹の中は真っ黒かもしれないよ?

2005年8月 1日 (月)

JT関係の人、直立不動。

Y商店のマダムTは午前中だけ店番をする。ついうっかりマダムがいる時にやってきた卸し屋さんは愚痴や叱責の嵐に巻き込まれることが多い。なので、故意か偶然かは不明だが、業者さん関係は午後から店に訪ねてくる。

たま~に午後もマダムが店番をする時がある。その時、来た業者さんは哀れだ。

今日はJTの業者さんが犠牲になった。

ことの起こりは、タバコの自販機がカードで購入しなければならなくなるという会話から。

マダムの片眉がピクリと跳ね上がったのを儂は見逃さなかった。

「そんなこと言っても、他の店はやらずにウチだけ実施される、なんてことは無いわよね!?」

「国の法律で決められましたから、全国一斉です。」

たじろぎながらもキッチリ説明する業者さん。

「でもね、近所のN酒店はね………。」

ええ、酒の自販機もカードで購入なのだが、周りの店は一切やってない。なんだかY商店だけみたいなのだ。なので、それを根にもっているマダムが愚痴る愚痴る。

確かにカードより現金で買ってくれた方が売り上げは上がる。カード面倒だし。

でもね、この人JTの人だから、酒屋さんじゃないから。

マダムが半ば怒り気味で喋ってる間、業者さん、気を付けの姿勢でいちいち相槌を打ってるのを見て、少し目頭が熱くなる。

ただ、新作のポスター貼りに来ただけだったのにね。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク